裏切り者グリッサ/Glissa, the Traitor

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Glissa, the Traitor / 裏切り者グリッサ (黒)(緑)(緑)
伝説のクリーチャー — ゾンビ(Zombie) エルフ(Elf)

先制攻撃、接死
対戦相手1人がコントロールするクリーチャー1体が死亡するたび、あなたの墓地にあるアーティファクト・カード1枚を対象とする。あなたはそれをあなたの手札に戻してもよい。

3/3

かつてミラディン/Mirrodinを救ったミラディン・ブロックの主人公グリッサ/Glissaが、なんと侵略者たるファイレクシア/Phyrexiaの一員となって帰ってきた。

色拘束が強く伝説だが、3マナ3/3に加え互いに噛み合った3つの能力を持ち、コスト・パフォーマンスは高い。先制攻撃接死の組み合わせにより戦闘ではほぼ無敵であり、対戦相手クリーチャーを倒すたびにアドバンテージが取れる。

カードパワーは十分なのだが、参入当初のスタンダード環境には、アーティファクト回収を生かせる黒緑デッキがないこと、このカードを中心にデッキを組むには、稲妻/Lightning Bolt一発で沈むタフネスという不安定さがネックということもあり、あまり大きな活躍はしていなかった。イニストラード聖トラフトの霊/Geist of Saint Traftが登場すると、それに対するブロッカーとしての能力が評価され、緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith出産の殻/Birthing Podなどのシルバーバレット要員として1枚挿しされるケースが多くなった。ウィニートークンを多用するデッキの台頭で使用機会が著しく増えた漸増爆弾/Ratchet Bombを使い回す手段としても優秀。ネックであった稲妻がローテーションで退場したのも追い風である。

理想は軽く、使い捨てられるアーティファクト回収して使い回すこと。リミテッドならグレムリン地雷/Gremlin Mineエクステンデッドまで範囲を広げれば処刑人の薬包/Executioner's Capsuleなどの相性が良いカードもいくつか存在する。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

詳細はグリッサ/Glissa参照。

[編集] 参考

QR Code.gif