朱地洞の族長、トーブラン/Torbran, Thane of Red Fell

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Torbran, Thane of Red Fell / 朱地洞の族長、トーブラン (1)(赤)(赤)(赤)
伝説のクリーチャー — ドワーフ(Dwarf) 貴族(Noble)

あなたがコントロールしている赤の発生源が、対戦相手か対戦相手がコントロールしているパーマネントにダメージを与えるなら、代わりに、それはその点数に2を足した点数のダメージを与える。

2/4

あなた発生源ダメージを増加させる伝説のドワーフ貴族

自身の能力により4マナ4/4相当。さらに存在しているだけでクリーチャー火力のダメージを底上げしライフを一気に削る圧力を持っている。打点の大きさよりもダメージを与える回数のほうが重要なので、二段攻撃ティムなどと相性が良い。スライなど軽量速攻クリーチャーマナカーブ通りに展開していくデッキなら、本人は戦場に立っているだけでゲームを決める性能を持つ。ただ除去耐性などは一切なく、仕事をせずに消えるか勝負を決める仕事をするかという両極端な活躍になりやすいカード

登場時のスタンダードでは焦がし吐き/Scorch Spitter災厄の行進/Cavalcade of Calamityと併用した爆発力はすさまじく、赤単アグロフィニッシャーとなった。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

エルドレインの王権トリプルシンボル伝説のクリーチャーサイクル。自身と同じオブジェクトを参照する能力を持つ。稀少度レア

公式記事「Singing in the Eldraine/エルドレインに唄えば」では、エルドレイン/Eldraineの五つの宮廷の指導者を描いた貴族のサイクルであるとされているが、ガドウィックのクリーチャー・タイプは貴族ではない。またトーブランはエンバレス/Emberethの関係者ではあるが、指導者ではない。

[編集] ストーリー

トーブラン/Torbranエルドレイン/Eldraineドワーフ。男性。ドワーフの部族、朱地洞/Red Fellの族長/Thane。

詳細はトーブラン/Torbranを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif