突撃鎧/Assault Suit

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Assault Suit / 突撃鎧 (4)
アーティファクト — 装備品(Equipment)

装備しているクリーチャーは+2/+2の修整を受け、速攻を持ち、あなたやあなたがコントロールするプレインズウォーカーを攻撃できず、生け贄に捧げることもできない。
各対戦相手のアップキープの開始時に、あなたはターン終了時までそのプレイヤーにその装備しているクリーチャーのコントロールを得させてもよい。そうしたなら、それをアンタップする。
装備(3)


P/T強化速攻、さらに生け贄耐性を付与する装備品対戦相手クリーチャーを一時的に貸してあげることができる。

単純に強化するだけの目的でも使えるが、やはり目玉は相手にクリーチャーを押し付ける部分だろう。寄付/Donateと違って1ターン限定なので用途は限られるが、ペナルティ能力を持つクリーチャーを押し付ければ対戦相手の不利益を与えることができる。

多人数戦では、対戦相手をサポートする目的で使うことも考えられる。苦戦気味の対戦相手と共謀して、自分より優勢な対戦相手を攻撃させるように誘導すると面白い。

[編集] ルール

  • 装備しているクリーチャーは、コストとしても効果としても生け贄に捧げることはできない。
    • 悪魔の布告/Diabolic Edictなどによってクリーチャー1体生け贄に捧げるよう指示された場合、突撃鎧を装備したクリーチャーの他にクリーチャーをコントロールしているなら、そちらを生け贄に捧げなければならない。
    • はじける破滅/Crackling Doomによってパワーが最も高いクリーチャーを生け贄に捧げるよう指示され、突撃鎧を装備したクリーチャーが最もパワーが高い唯一のクリーチャーだった場合、生け贄に捧げる部分は実行不可能として無視される。パワーが2番目に高いクリーチャーを生け贄に捧げることは無い。
    • 気づきにくいがキーワード能力には生け贄に捧げるペナルティ能力がいくつかあり、これらを無視することができる。累加アップキープエコー消散消失等が該当する。
    • 皇帝クロコダイル/Emperor Crocodile等の状況誘発により生け贄に捧げる能力を持ったクリーチャーに装備すると、状況次第で無限ループを形成する。
  • 2つ目の能力でコントロールが移動するのは装備しているクリーチャーのみで、突撃鎧のコントロールは変わらない。

[編集] 参考

QR Code.gif