浄火の嵐/Empyrial Storm

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Empyrial Storm / 浄火の嵐 (4)(白)(白)
ソーサリー

あなたがこの呪文を唱えたとき、あなたがこのゲームで統率領域からあなたの統率者を唱えた回数1回につき、これを1回コピーする。
飛行を持つ白の4/4の天使(Angel)クリーチャー・トークンを1体生成する。


サイクル天使トークン生成

統率者唱えていないとウギンの末裔/Scion of Ugin相当と、悲惨とは言わないまでも物足りない効果。1回でも統率者を唱えていれば実質6マナ8/8飛行と良好なコスト・パフォーマンスとなり、2回以上唱えられているなら破格と言って良いだけの戦力が手に入る。4/4飛行の天使・トークンを複数生成しうる呪文としては過去に天使への願い/Entreat the Angelsがあり、比較すると奇跡抜きなら1回、奇跡ありでも3回ほど統率者を唱えられていれば同等のコスト・パフォーマンスとなる。マナをつぎ込んで数を増やすことこそ出来ないが、唱えるタイミングが限定されず、かつ前準備さえしていれば6マナ固定で大量の天使を呼び出せるため総合力は勝るとも劣らない。フィニッシャーとして見るなら、コピーを生成するため打ち消しに耐性があるのも嬉しい点だろう。

サイクル全般に共通するが、唱えた回数に依存する性質上軽い統率者との相性が良い。幸いなことに白は軽い伝説のクリーチャーに恵まれており、これの登場時点でも1マナ以下に今田家の猟犬、勇丸/Isamaru, Hound of Kondaアクロスの英雄、キテオン/Kytheon, Hero of Akros月皇ミケウス/Mikaeus, the Lunarch贖われし者、ライズ/Rhys the Redeemedと四種類もの選択肢があるのはサイクル随一の強み。統率者が出してすぐ除去されると仮定すれば、マナ加速を抜きにしてもこれを最速で唱えるまでに統率者を3回は唱えられる計算となるため、遺憾なくその力を発揮できる。中でも月皇ミケウスはX=0で唱えれば即死亡して統率領域に戻せるので複数回唱えるには最適。

ただし、これが機能する統率者戦においては大抵対戦相手も複数いるため、フィニッシャーをこれに依存していると複数回コピーできたとしても削りきるのは骨が折れる。どこまで行っても除去耐性のないクリーチャーの群れでしかないので、過信は禁物。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

統率者2018の嵐サイクル。すべてレア

あなたがこの呪文唱えたとき、あなたがこのゲーム統率領域からあなたの統率者を唱えた回数1回につき、これを1回コピーする。」という能力を持つ。カード名/Stormを入れることで、キーワード能力ストームと似たような能力を持つことを示している。

イラストはすべてMark Pooleによるもので、「3つの物が円を描いて空を飛ぶ」という構図になっている。

  • 共闘によって複数のカード統率者として使っている場合は、それらを唱えた回数の合計を参照する。

[編集] 参考

QR Code.gif