死の頂点、ネスロイ/Nethroi, Apex of Death

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索


インダサ/Indathaの頂点の怪物は変容することでクリーチャーの大量リアニメイトを行う伝説ナイトメアビースト接死絆魂という生命にまつわるキーワード能力を併せ持つスペックはまさに死の頂点といったところ。

やはり目玉はその変容誘発型能力パワーの合計が10以下であればリアニメイトする枚数は問わないため、ファッティでも2体ほど、ウィニーならば2桁近くの大量リアニメイトを狙え、デッキタイプに左右されにくい柔軟な活躍が見込める。例によって墓地肥やし手段と併用し、最大限の効果を発揮させたい。魔女のかまど/Witch's Ovenを中核としたサクリファイスデッキ茨の騎兵/Cavalier of Thornsなどを採用した墓地活用デッキであれば安定して活用していけるだろう。変容コストが7マナとサイクル中最も重いのが大きな難点だが、コストに見合った爆発力に加え、自身の絆魂によりライフレースの遅れをある程度カバーできるのはありがたい。また、これ自身は素出しし、別の変容カードで能力を誘発させることで重さをカバーする手もある。

「印刷されているパワーは低いが実際のパワーは高いクリーチャー」と併用すると爆発力をさらに高めることが可能。誓いを立てた騎士/Oathsworn Knight鎖を解かれしもの、ポルクラノス/Polukranos, Unchainedなどはパワー0であるため、好きなだけ対象に含めることができる。

構築で使用する際は、7マナの捻出と墓地肥やしをいかに両立させられるかが肝となる。同時収録の髑髏の予言者/Skull Prophetは墓地肥やしとマナ加速を兼任してくれる上にも合うため好相性。

リミテッドでは文句なしのボムレアマナ・コストが重めであるため、他のサイクルと比べると水晶マナ・クリーチャーのサポートが必要ではあるものの、サイクル共通の特徴として変容前提なら2色デッキで扱えるため、無理に3色デッキにする必要がない点も優秀。

[編集] ルール

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

イコリア:巨獣の棲処の頂点サイクル楔3色伝説のクリーチャーで、に対応した3つのクリーチャー・タイプを有する。いずれも変容と、変容に関する能力を持つ。稀少度神話レア

ストーリー上は、いずれもイコリア/Ikoriaの各トライオーム/Triomeに君臨する「頂点の怪物」である。

クリーチャー・タイプの表記順は慣例とは異なり、各マナ・シンボルに対応するクリーチャー・タイプがその並び順に表記されている(Blogatog)。

[編集] ストーリー

ネスロイ/Nethroiインダサ/Indathaの頂点の怪物。死体を蘇らせる力を持ち、肉体のみならず魂までも喰らうという。

詳細はネスロイ/Nethroiを参照。

[編集] ゴジラシリーズ・カード

ゴジラシリーズ・カード版は植獣形態、ビオランテ/Biollante, Plant Beast Formイラスト)。

[編集] 参考

QR Code.gif