最後の別れ/Final Parting

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Final Parting / 最後の別れ (3)(黒)(黒)
ソーサリー

あなたのライブラリーからカード2枚を探す。そのうち1枚をあなたの手札に加え、他の1枚をあなたの墓地に置く。その後あなたのライブラリーを切り直す。


魔性の教示者/Diabolic Tutor納墓/Entombを合わせたようなサーチカード

魔性の教示者4マナ+納墓1マナで、抱き合わせとしては妥当、かつ色拘束も含めれば悪くないコスト・パフォーマンス。どちらもサーチの類であるため1枚になった相性は悪くないが、どちらかの効果だけを目当てにすると、特に納墓の方は重さが気になる。とは言え、カード・タイプの制限がなく特定のカードを1枚で確実に墓地に送れる効果は、実は本家の納墓以来。案外貴重な効果である。

このカードが真価を発揮するのは、やはり手札と墓地にそれぞれキーカードが必要なコンボ寄りのデッキだろう。分かりやすいのはリアニメイトで、墓地に釣りたいクリーチャーを、手札に釣り竿を持ってくることで手軽にリアニメイトが成立する。特にエターナルでは再活性/Reanimateにより、実質的に合計6マナで好きなクリーチャー1体をライブラリーから戦場に出せる。

リミテッドでは魔性の教示者部分だけでも、ボムを探すのに有用。更に墓地利用カードがあれば墓地に置く部分も活用できるため価値は上がる。ドミナリアのリミテッド環境ではギックスの信奉者、ローナ/Rona, Disciple of Gix血の儀式司、ウィスパー/Whisper, Blood Liturgist最古再誕/The Eldest Reborn、(墓地に置く側として)遷延する幻影/Lingering Phantomなどがアンコモン以下では狙い目。構築でもリアニメイトが成立すれば採用の可能性はあり、特に死の権威、リリアナ/Liliana, Death's Majestyはフレイバー的にも最適か。モダン以下の環境なら活用の幅は更に広がるが、同時に5マナという重さが足枷となる。統率者戦ではデッキの潤滑油として特に有用であり、狂気を操る者チェイナー/Chainer, Dementia Masterを上記のように再活性との組み合わせで出せば歯と爪/Tooth and Nailとして運用できる。

  • 探すカード・タイプに制限がなくなったジャラドの命令/Jarad's Ordersと言える。
  • 探すカードの種類に制限がないため、ライブラリーに2枚以上のカードがあるなら必ず2枚を探し、片方を墓地に置かなければならない。もっとも通常はいらない土地などを適当に墓地に送ってデッキ圧縮をすればいいだけなので、よほどライブラリーアウトが近くない限り大きな問題にはならない。
  • ライブラリーが1枚しかない場合、そのカードは手札に加わり、墓地に置くことは出来ない。ライブラリーアウト間近かつ最後のカードがガイアの祝福/Gaea's Blessingだった場合には問題となり得るか。

[編集] ストーリー

ドミナリア注目のストーリーの2枚目。

故郷ベナリア/Benaliaに帰還したリリアナ/Lilianaは、かつて自らの過ちでアンデッドにしてしまった兄のジョス/Josuが、悪魔ベルゼンロック/Belzenlokに隷属させられていることを知り、怒りに燃える。ギデオン/Gideonとベナリア軍が陰謀団/The Cabalの軍勢と戦っている間に、彼女は司令官のジョスをヴェス邸/Vess Manorへ誘導し、鎖のヴェール/The Chain Veilの力を振るってその命を終わらせた。だが今わの際にジョスは言い放った――父も母も親族も皆、自分を殺そうとして、あるいは治そうとして死んだ。自分をこの姿に変えたリリアナこそがヴェス家の呪いなのだと (イラスト[1]

「眠ってください、お兄様。私が差し上げられる唯一の贈り物です。」
リリアナ・ヴェス

[編集] 脚注

  1. Return to Dominaria: Episode 2/ドミナリアへの帰還 第2話(Magic Story 2018年3月22日 Martha Wells著)

[編集] 参考

QR Code.gif