戦慄の存在/Dread Presence

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dread Presence / 戦慄の存在 (3)(黒)
クリーチャー — ナイトメア(Nightmare)

沼(Swamp)が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、以下から1つを選ぶ。
・あなたはカードを1枚引き、あなたは1点のライフを失う。
・クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。戦慄の存在はそれに2点のダメージを与え、あなたは2点のライフを得る。

3/3

戦場に出すたびにライフロスドローか任意の対象への2点ドレイン誘発させるナイトメア

必要なマナを出せるようになった後の土地でドローをしたり2点のダメージ回復に変えられるのは、特に対戦の終盤ではありがたい。ドローにはライフ失う必要があるものの、回復でそのためのライフを確保することもできるので自己完結している。

登場時のスタンダードではショックランドと同居し、多色にしても能力を誘発させ易い。それでも沼に寄せた構築の必要はあるが、ランプデッキアドバンテージ源兼フィニッシャーとしての採用が考えられる。

エルドレインの王権後はローテーションにより採用率の高かったチェックランド落ち基本土地サーチし自然とアンタップイン条件を満たしやすい寓話の小道/Fabled Passageの登場により、3色のデッキでも基本土地の採用枚数が増えているので相対的に使い勝手が向上している。

リミテッドでは継続的なアドバンテージを生み出すことができる初手クラスのボムレア焼印刃/Bladebrand深海艦隊の殺し屋/Fathom Fleet Cutthroat冒涜されたもの、ヤロク/Yarok, the Desecratedなど強力なシナジーを形成するカードと組み合わせて使いたい。

[編集] 参考

QR Code.gif