心臓貫きのマンティコア/Heart-Piercer Manticore

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Heart-Piercer Manticore / 心臓貫きのマンティコア (2)(赤)(赤)
クリーチャー — マンティコア(Manticore)

心臓貫きのマンティコアが戦場に出たとき、あなたは他のクリーチャー1体を生け贄に捧げてもよい。そうしたとき、クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。心臓貫きのマンティコアはそれに、その生け贄に捧げたクリーチャーのパワーに等しい点数のダメージを与える。
不朽(5)(赤)((5)(赤),あなたの墓地からこのカードを追放する:マナ・コストと不朽を持たない白のゾンビ(Zombie)・マンティコア(Manticore)であることを除き、これのコピーであるトークンを1体生成する。心臓貫きのマンティコアはソーサリーとしてのみ行う。)

4/3

WHISPERのテキストには誤りがあります。注釈文の「心臓貫きのマンティコアソーサリーとしてのみ行う」は「不朽はソーサリーとしてのみ行う」と読み替えて下さい。

戦場に出たときに他のクリーチャー投げ飛ばし/Flingするマンティコア不朽で復活もする。

にして4マナ4/3不朽付きは悪くない性能である。だが本領を発揮するのはやはり他のクリーチャーを投げることができる局面だろう。例えば攻撃後の大型クリーチャーを投げることで、大きくダメージ計算を狂わせることができる。また歩く火力トークン、他の不朽を持つクリーチャーを投げればカード・アドバンテージも失わずに済む。ただし能力は特殊な書式であるため(後述)、カルドーサの炎魔/Kuldotha Flamefiendなどと違って「対象を取り、対戦相手対応したのを見てから生け贄に捧げるかどうかを選ぶ」ということが出来なくなり、対戦相手はこちらが生け贄に捧げたのを確認してから対応できるのでリスクも高まっていることに注意。

リミテッドでは単体でも強力な優良レア。督励パンプアップしたクリーチャーを投げることで実質テンポを失わずにダメージを底上げできる。構築でもチャンスはあるが、同の4マナ域には除去を行いつつ毎ターンアドバンテージを取る反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defianceや条件を満たせば速攻除去耐性を併せ持つ熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Ferventなど強力なライバルが存在するのが逆風。

  • 1つ目の能力は濫用と似た挙動ではあるが、前後が一つの文章になっている「再帰誘発型能力/Reflexive Triggered Abilitiy」と呼ばれる新しいタイプの誘発型能力である。
    • 戦場に出たときの能力は、対象を取らない。あなたはその解決時に、他のクリーチャーを1体生け贄に捧げるか否かを選択する。生け贄に捧げなかった場合、続く誘発型能力はスタックに置かれない。
    • クリーチャーを生け贄に捧げることを選んだ場合、次に優先権を得る際にクリーチャー1体かプレイヤー1人を対象にダメージを与える誘発型能力がスタックに置かれる。

引用:総合ルール 20170120.0

[編集] 参考

QR Code.gif