巨森、オラン=リーフ/Oran-Rief, the Vastwood

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Oran-Rief, the Vastwood / 巨森、オラン=リーフ
土地

巨森、オラン=リーフはタップ状態で戦場に出る。
(T):(緑)を加える。
(T):このターン戦場に出た緑の各クリーチャーの上に+1/+1カウンターを1個置く。


戦場に出たばかりのクリーチャー+1/+1カウンターを置く起動型能力を持った土地進化の中心、ノヴィジェン/Novijen, Heart of Progressに似ている。起動が容易になった代わりにタップイン強化できるクリーチャーに制限が付いた。

タップインではあるが、自身のタップ以外の起動コストなしにクリーチャーを永続的に強化できるのは便利。色マナも生み出せるので、緑の濃い中速ビートダウンなどに採用される可能性はある。 スタンダードでは主力クリーチャーのほぼ全てが強化対象となるジャンドカラーのビートダウンに採用され、タフネス3のクリーチャーを稲妻/Lightning Boltに耐えられるようにしたり、同系に対しサイズでリードしたりと活躍。この土地が複数並ぶような後半だと大抵のクリーチャーをフィニッシャークラスに仕立て上げられるため長期戦にも強い。

登場後しばらくすると、ジャンドビートダウンデッキに限らず緑を含むクリーチャー型のデッキでは何枚か搭載するケースを広く見かけるようになり、単色デッキはこのカードを4枚積みできる点がメリットとされるなど、環境のクリーチャー戦線に無視できない影響を与えている。

芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinaxは自身が強化対象である上、生成されるトークンも全て2/2になり特に相性がよい。野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker等のトークン生成や土地の再利用カードとも強力なシナジーを形成する。

エクステンデッドでは台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finksと組み合わせるのがお勧め。タップだけで頑強によって上に乗った-1/-1カウンターを相殺できるので、バーンデッキおよびビートダウンデッキを絶望させることができる。

  • 対戦相手コントロールするクリーチャーであっても、そのターンに戦場に出たならば+1/+1カウンターが置かれる。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ゼンディカーレアタップインランドサイクル。各に対応して1枚ずつ存在する。それぞれゼンディカー/Zendikarの特定の地所を表しているが、当時のゲームデザインの方針として伝説の土地は作らないとされていたため伝説ではない(2014年3月14日のMark Rosewaterのtumblr)。

[編集] 参考

QR Code.gif