ドレッドノート

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ドレッドノート/Dreadnoughtは、クリーチャー・タイプの1つ。現在このクリーチャー・タイプを持つのはファイレクシアン・ドレッドノート/Phyrexian Dreadnoughtのみである。


Phyrexian Dreadnought / ファイレクシアン・ドレッドノート (1)
アーティファクト クリーチャー — ドレッドノート(Dreadnought)

トランプル
ファイレクシアン・ドレッドノートが戦場に出たとき、パワーの合計が12以上になるように好きな数のクリーチャーを生け贄に捧げないかぎり、これを生け贄に捧げる。

12/12

このクリーチャー・タイプが登場したのは2005年9月の、ミラージュMagic Online導入に合わせて行われたオラクル変更時。このオラクル変更により、ミラージュに収録されているクリーチャー・タイプを持たなかったアーティファクト・クリーチャーにもクリーチャー・タイプが与えられ、そのときにファイレクシアン・ドレッドノートに与えられたクリーチャー・タイプがドレッドノートだったのである。

  • ドレッドノート(Dreadnought)とは、直訳すると「怖い物知らず、猛者」という意味。語源は「dread」(恐怖、不安)+「nought」(ゼロ、無)である。しかし、ドレッドノートと言えば最も有名なのは20世紀初頭のイギリスの戦艦だろう。この戦艦に由来し、「ド級」という言葉が生まれた。

[編集] 参考

QR Code.gif