呪われし者、アルヴァード/Arvad the Cursed

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Arvad the Cursed / 呪われし者、アルヴァード (3)(白)(黒)
伝説のクリーチャー — 吸血鬼(Vampire) 騎士(Knight)

接死、絆魂
あなたがコントロールしている他の伝説のクリーチャーは+2/+2の修整を受ける。

3/3

新生ウェザーライト/Weatherlightの乗組員である伝説の吸血鬼接死絆魂に加え、運命の日/Day of Destinyを内蔵する。

白黒5マナ重くマナレシオも平凡ではあるが、無駄になることの少ない堅実なキーワード能力2種と爆発力の高い全体強化能力を備えており、アンコモンながらに侮れないポテンシャルを有する。伝説のクリーチャーしか強化できないのが大きな難点であり、十全に運用できるか否かはデッキ構成と環境カードプールに大きく左右されてしまう。

構築では、黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringerなどの直接的なフィニッシャーとの比較になる。薄暮の使徒、マーブレン・フェイン/Mavren Fein, Dusk Apostle不死の援護者、ヤヘンニ/Yahenni, Undying Partisanなど、軽めの伝説のクリーチャーを中心とした、数で攻めるタイプビートダウンデッキで真価を発揮するだろう。

リミテッドでは、キーワード能力だけでも十分に優秀。環境柄伝説のクリーチャーも集めやすく、全体強化が活かされることも多い。デッキカラーが合うなら積極的に採用したい一枚。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ドミナリアアンコモンの2伝説のクリーチャーサイクル

[編集] ストーリー

アルヴァード/Arvadは飛翔艦ウェザーライト/Weatherlight号の護衛隊長を務める吸血鬼/Vampire。誇り高き騎士であり、パワーストーン/Powerstoneの力で吸血衝動を抑制している。

詳細はアルヴァード/Arvadを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif