ズアーの運命支配/Zur's Weirding

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Zur's Weirding / ズアーの運命支配 (3)(青)
エンチャント

プレイヤーは自分の手札を公開した状態でプレイする。
プレイヤー1人がカードを1枚引く場合、代わりにそのプレイヤーはそれを公開する。その後、他のプレイヤーは2点のライフを支払ってもよい。いずれか1人のプレイヤーがそうした場合、そのカードをオーナーの墓地に置く。そうでない場合、そのプレイヤーはそのカードを引く。


他のプレイヤーの許しを得ないとカード引けなくしてしまうエンチャント

手札公開情報にしてしまうことで不確定要素の大部分を排除し、なおかつカードを引くことすら却下される可能性がある。基本的にはその時点におけるプレイヤー間の優劣を固定してしまう類のカード。

ターン2点以上のライフ得る手段を用意しておくと、あとは対戦相手が引くカードすべてを却下することができるため、事前に対抗手段を排除しておけばほぼ完全なロックが成立する。そのを冠したズアーロックというデッキを生み出し、不朽の理想デッキでも相手の反撃を防ぐ重要なカードである。

[編集] その他

[編集] 参考

QR Code.gif