ミラージュ・ブロック構築

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ミラージュ・ブロック構築/Mirage Block Constructedは、ミラージュビジョンズウェザーライトに含まれるカードのみでデッキ構築するフォーマット

目次

[編集] 概要

コモンクラスのカードの性能が良く、また独立運用を前提としたパックであったため、これからマジックを始める新規者は、大量のレアカードを所持する古参ユーザとも対等のラインにたちやすかったため、非常にとっつきがよいセットと言えた。

カード全体の傾向としては、低コストで高性能なクリーチャーが非常に多く、下手な呪文よりクリーチャーを大量投入してビートダウンで展開するほうがうまく回ることが多かった。そのため、ウィニーをはじめとするビートダウン系デッキが主体となった。

また、コントロール系のデッキでも、コンボの一環として何枚かのクリーチャー・カードが入ることが一般的。完全ノンクリーチャー・デッキは、この環境においてはごく一部のコンボデッキに留まる。

呪文カードの傾向としては、どのもクリーチャーの単体除去が豊富であり、クリーチャー主体環境でありながら、複数のクリーチャーを並べるのが困難な環境でもある。しかし、単体除去が豊富な一方で、全体除去系のカードはごっそり抜けおちor厳しい範囲制限付きになったため、アンタッチャブル能力系のクリーチャーが相対的に価値があがる。

こうした環境で最も深刻な弱体化を受けたのがで、ハルマゲドン/Armageddon十字軍/Crusadeなどが存在しないこの環境では単色デッキで運用するのが非常に困難な色になってしまう。ウェザーライト浄火の鎧/Empyrial Armorが登場するまでトーナメントレベルのデッキが存在しなかったことからも、これは明らかである。

一方で、火炎破/Fireblastをはじめとする強力な火力を複数得たは、単色でも簡単にデッキが組めてしかもやたら強力と、非常に優遇された色となる。結果として、トーナメントレベルのデッキは、全体的に赤かに傾倒している。

ブロックを代表するキーワード能力として側面攻撃が存在しており、ウィニー・クリーチャーの多くがこれを持っていることから、環境への影響も大きい。この煽りを最も強く受けたのは再生で、特にタフネス1の再生クリーチャーは側面攻撃持ちのアタッカーに対するブロッカーとして役に立たないことから、使用が控えられることになった。赤の基本火力として火葬/Incinerateが存在したこともこれに拍車をかけた。

[編集] 禁止カード

[編集] 代表的なデッキ

[編集] 代表的な大会

[編集] 参考

QR Code.gif