プレリリース・パーティ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

プレリリース・パーティは、発売前の新エキスパンションを用いた認定大会プレミアイベント)。ドミナリアから導入された。

プレリリースと同日に開催でき、プレリリース・パックを使用したシールド双頭巨人戦シールドが催される。通常のプレリリースよりもイベント申請の規定参加人数や規定ラウンド数が緩いカジュアルなイベントで、店舗が余ったプレリリース・パックを使い切るように設定されたイベントである。

[編集] 旧イベント

アラーラの断片でプレリリースの方針が変わる前、リリース・トーナメントが開催されていない日本でのみ行われていたイベントの名称。略称プレリプレリリース・トーナメントと区別するため「プレパ」「プレリパ」とも)。

開催時期はプレリリース・トーナメントの1週間後。プレリリース・トーナメントの開催時期の都合で、開催が発売後になってしまったエキスパンションもいくつかあった。

プレリリース・トーナメントでは、フォーマットは主にシールドが採用される。パックの分量は以下のようになっている。

  • 大型エキスパンションの場合は、トーナメントパック×1と、ブースターパック×2。
  • 小型エキスパンションの場合は、同じブロックの大型エキスパンションのトーナメントパック×1と、ブースターパック×3(ブースター・パックが多いのは、新エキスパンションのカードをより多くプレイしてもらうため)。

会場によってはブースター・ドラフトも採用される。その場合、大型エキスパンションはブースターパック×3、小型エキスパンションは同じブロックの大型エキスパンションのブースターパック×2と、小型エキスパンションのブースターパック×1を使用する。

プレリリース・カードが参加賞として配布されるが、このカードを大会中デッキに入れることはできない。

[編集] 参考

QR Code.gif