マイアの処罰者/Myr Enforcer

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Myr Enforcer / マイアの処罰者 (7)
アーティファクト クリーチャー — マイア(Myr)

親和(アーティファクト)(この呪文を唱えるためのコストは、あなたがコントロールするアーティファクト1つにつき(1)少なくなる。)

4/4

親和アーティファクト)を持つマイア。同時収録の金属ガエル/Frogmite上位種

マナ・コストサイズの違いはあれど、基本的な運用方法は金属ガエルと同等。アーティファクトの展開力次第では極めて高いマナレシオを誇るフィニッシャー格であり、ミラディン・ブロック構築スタンダードにおける親和デッキグレ神話では、金属ガエルと共に基礎となるクリーチャーとして投入された。

ダークスティール参入前後の中期型からはデッキ全体が軽量化されたため、実質的な最終到達点。当時の他の高打点アタッカーである電結の荒廃者/Arcbound Ravagerエイトグ/Atogなどと違い、リソース消耗を必要としない安定性が嬉しい。その後頭蓋骨絞め/Skullclampが禁止指定され、頭蓋囲い/Cranial Platingに代えられてからはパワー面では不足しなくなったので、後期には厳粛な空護り/Somber Hoverguardの様な回避能力持ちに押しのけられ、採用枚数は減っていった。さらに親和パーツの大量禁止以降、スタンダードで見かけることはかなり少なくなった。

エクステンデッドでは、大霊堂の信奉者/Disciple of the Vaultの禁止もあり、純粋な強さとタフさを買われて初期からよく使われた。ただ他のアーティファクトと共に一網打尽にされることを嫌い、アーティファクト以外のカードにスロットを奪われることもしばしば。エターナルでもポテンシャルは十分だが、環境システムクリーチャーがあった方が便利であることと、その後も強力なクリーチャー達が登場していることから、優先順位は低め。

モダンにおいては、モダンホライゾン2サイクルなどを獲得したことにより復権した親和デッキのパーツとして再び有用性が上がった。ただし、同時収録の上位互換滞留者の相棒/Sojourner's Companionの存在から2番手となり、モダンホライゾン3では更に新たな上位互換のカエルマイアの処罰者/Frogmyr Enforcerが登場したことから3番手となってしまい、実質的にその役割を終えたと言える。

現在の主戦場はパウパー滞留者の相棒/Sojourner's Companion禁止されて以降の親和デッキの基本パーツとして採用されている。

リミテッドでもなかなか強力。アーティファクト2つ程度でも及第点ではあるが、できればアーティファクト・土地や軽いアーティファクトなどを集めて早めに出せるような構成にしたいところ。

[編集] 関連カード

[編集] 上位互換

[編集] 参考

QR Code.gif