骨齧り/Marrow-Gnawer

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Marrow-Gnawer / 骨齧り (3)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー — ネズミ(Rat) ならず者(Rogue)

ネズミ(Rat)・クリーチャーは畏怖を持つ。(それは黒でもアーティファクトでもないクリーチャーによってはブロックされない。)
(T),ネズミを1体生け贄に捧げる:黒の1/1のネズミ・クリーチャー・トークンをX体生成する。Xはあなたがコントロールするネズミの数に等しい。

2/3

必殺、ねずみ算。物凄い勢いでネズミを増やせる能力を持った伝説のクリーチャー。ネズミトークンを生み出すカード実験用ネズミ/Lab Rats以来。

基本的には「畏怖を付加するエンチャント」扱いで立たせておき、倒されそうになったネズミを再利用するのが望ましい。また神河謀叛後はネズミ忍者が登場し、畏怖付加装置としての価値が飛躍的に高まった。

[編集] ストーリー

骨齧り/Marrow-Gnawer神河物語に登場する、鼠人の長。もとは凡庸な戦士の一人であったが、ある日突然神/Kamiが憑依したような変貌を遂げ、指導者階級であった実兄を含む三匹の鼠人/Ratfolkを殺した。その後、竹沼/Takenuma Swanp最大の鼠戦士の支配者となり、また長としての才覚を発揮する。

骨齧りは一夜にして三つの鼠の群れの長を屠り、彼らを一つにした。いまや彼は最初の主君と呼ばれている。(骨齧り/Marrow-Gnawer・フレイバー・テキストより)

彼は鼠人の戦力不足を自身から補う方法をとり、自ら600もの子孫を残した。当然カードの能力はそのストーリー設定に基づいたものであるが、ゲーム中に600体までトークンが増えることは多分ないだろう。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

  • 骨齧り/Marrow-Gnawer

[編集] 登場作品

[編集] 参考

QR Code.gif