リス

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

リス/Squirrelは、クリーチャー・タイプの1つ。カードとしての登場よりもクリーチャートークンが持つタイプとして登場する事が多い。


Squirrel Mob / リスの群れ (1)(緑)(緑)
クリーチャー — リス(Squirrel)

リスの群れは、戦場に出ている他のリス(Squirrel)1つにつき+1/+1の修整を受ける。

2/2


Helica Glider / らせん樹の滑空獣 (2)(白)
クリーチャー — ナイトメア(Nightmare) リス(Squirrel)

らせん樹の滑空獣は、飛行カウンター1個か先制攻撃カウンター1個のうちあなたが選んだ1つが置かれた状態で戦場に出る。

2/2


Toski, Bearer of Secrets / 秘密を知るもの、トスキ (3)(緑)
伝説のクリーチャー — リス(Squirrel)

この呪文は打ち消されない。
破壊不能
各戦闘で、秘密を知るもの、トスキは可能なら攻撃する。
あなたがコントロールしているクリーチャー1体がプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、カード1枚を引く。

1/1

初出はウェザーライトうろの下僕/Liege of the Hollows生成するクリーチャー・トークンが持つタイプ。アングルードではSquirrel Farmと共にトークン・カードSquirrelが収録された。オデッセイ・ブロックで隆盛し、多くのトークン生産カードと共にクローサの獣/Krosan Beastリスの群れ/Squirrel Mobと初めてトークン以外のリスが登場した。時のらせんでは部族カード群がりの庭/Swarmyardが収録されたがリスを出すカードは登場しなかった。以降は統率者モダンホライゾンといった特殊セットでリスを扱う新規カードが登場することが多い。また、銀枠セットでの登場機会も多く、リス関連のカードも複数登場している。オデッセイ以降、長らくスタンダード向けカード・セットでの登場は見られなかったが、イコリア:巨獣の棲処にておよそ20年ぶりとなるスタンダードリーガルのリス・カード、らせん樹の滑空獣/Helica Gliderが登場した。初のいリスでもある。さらに、カルドハイムでは黒枠では初の伝説のリスとなる秘密を知るもの、トスキ/Toski, Bearer of Secretsが登場した。

カードであるリスはに存在し、銀枠も含めればアーティファクトにも存在する。

部族カードは複数存在する。ロードには錯乱した隠遁者/Deranged Hermit木の実拾い/Nut Collector深き森の隠遁者/Deep Forest Hermitリス伯爵/Earl of Squirrel(銀枠)、リスの数だけ強化されるリスの群れ/Squirrel Mob、一時全体強化のリス番/Squirrel Wrangler昆虫ネズミ蜘蛛と兼用で再生させる土地群がりの庭/Swarmyard、リスおよびリスのアートを参照するAcornelia, Fashionable Filcher(銀枠)が存在する。

リス・トークンはすべて緑の1/1であり、リス・トークンを生成するカードもほぼ緑である。(→トークン一覧

伝説のリスは秘密を知るもの、トスキ/Toski, Bearer of Secretsと、銀枠のAcornelia, Fashionable Filcherの2枚。

[編集] 脚注

  1. Ikoria of the Beholder, Part 1/『イコリア』の目 その1Making Magic 2020年4月20日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif