ドラゴンの影/Dragon Shadow

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dragon Shadow / ドラゴンの影 (1)(黒)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャー+1/+0の修整を受けるとともに畏怖を持つ。(それは黒でもアーティファクトでもないクリーチャーによってはブロックされない。)
点数で見たマナ・コストが6以上のクリーチャーが戦場に出たとき、あなたは「あなたの墓地にあるドラゴンの影をそのクリーチャーにつけた状態で戦場に戻す」ことを選んでもよい。


ドラゴンエンチャントパワー修整畏怖を与える。

畏怖/Fearの変形であり上位互換色拘束・パワー修整・自己リアニメイトと、3点に渡って本家を上回る珍しい例。

回避能力だけでなく、オマケ程度にパワーも上がるので、リミテッドでは序盤から攻める場合に便利。しかも、序盤に墓地に置かれてしまっても、中盤以降大型クリーチャーを出せばそれにつけ直すことができる。これまた便利。

構築でも使えないことはないが、2マナでパワー+1というのは少々物足りない。親和持ちなどでない限りビートダウンに6マナ以上のクリーチャーはそう入らないという事も欠点。普通に使う分にはサイクル中でも強い方なのだが。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

スカージドラゴンエンチャントサイクル点数で見たマナ・コストが6以上のクリーチャー戦場に出た時に墓地からそのクリーチャーにつけた状態で戦場戻す事が可能。

[編集] 参考

QR Code.gif