ヴィダルケン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ヴィダルケン/Vedalkenは、クリーチャー・タイプの1つ。青い肌と低い鼻を持つ人型生物。マジックオリジナルの種族である。


Vedalken Engineer / ヴィダルケンの技術者 (1)(青)
クリーチャー — ヴィダルケン(Vedalken) 工匠(Artificer)

(T):あなたのマナ・プールに、好きな色1色のマナ2点を加える。このマナは、アーティファクト呪文を唱えるためかアーティファクトの起動型能力を起動するためにのみ支払える。

1/1


Master of Etherium / エーテリウムの達人 (2)(青)
アーティファクト クリーチャー — ヴィダルケン(Vedalken) ウィザード(Wizard)

エーテリウムの達人のパワーとタフネスはそれぞれ、あなたがコントロールするアーティファクトの総数に等しい。
あなたがコントロールする他のアーティファクト・クリーチャーは+1/+1の修整を受ける。

*/*


Grand Architect / 大建築家 (1)(青)(青)
クリーチャー — ヴィダルケン(Vedalken) 工匠(Artificer)

あなたがコントロールする他の青のクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。
(青):アーティファクト・クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは青になる。
あなたがコントロールするアンタップ状態の青のクリーチャーを1体タップする:あなたのマナ・プールに(◇)(◇)を加える。このマナは、アーティファクト呪文を唱えるためかアーティファクトの起動型能力を起動するためにのみ支払える。

1/3

初登場はミラディン・ブロックであり、4本腕で頭に透明なドームを被った生物として描かれていたが、ラヴニカ:ギルドの都で再登場した際には2本腕となっており、極めて人間に近い姿をしている。アラーラの断片ブロックカラデシュ・ブロックでも登場した。

か青を含む多色である。

ミラディン・ブロックにはアーティファクトに関連するコントロール要素のある能力を持つものが多い。アラーラの断片ブロックにおいては、エスパー/Esperの世界観から、それら自身もアーティファクトであるものが大部分を占める。未来予知タイムシフト・カードであるヴィダルケンの霊気魔道士/Vedalken AEthermageは何故かスリヴァーに関連した能力を持つ。

伝説のヴィダルケンは苦痛の芸術家、ニン/Nin, the Pain Artist発明の領事、パディーム/Padeem, Consul of Innovation (カラデシュ現在)。

[編集] ストーリー

ヴィダルケン/Vedalkenを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif