ヴィダルケン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ヴィダルケン/Vedalkenは、クリーチャー・タイプの1つ。青い肌を持つ人型の亜人種族。マジックオリジナルの種族である。


Vedalken Engineer / ヴィダルケンの技術者 (1)(青)
クリーチャー — ヴィダルケン(Vedalken) 工匠(Artificer)

(T):あなたのマナ・プールに、好きな色1色のマナ2点を加える。このマナは、アーティファクト呪文を唱えるためかアーティファクトの起動型能力を起動するためにのみ支払える。

1/1


Master of Etherium / エーテリウムの達人 (2)(青)
アーティファクト クリーチャー — ヴィダルケン(Vedalken) ウィザード(Wizard)

エーテリウムの達人のパワーとタフネスはそれぞれ、あなたがコントロールするアーティファクトの総数に等しい。
あなたがコントロールする他のアーティファクト・クリーチャーは+1/+1の修整を受ける。

*/*


Empyreal Voyager / 崇高な飛行士 (1)(緑)(青)
クリーチャー — ヴィダルケン(Vedalken) スカウト(Scout)

飛行、トランプル
崇高な飛行士がプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたはその点数に等しい数の(E)(エネルギー・カウンター)を得る。

2/3

初出はミラディン・ブロックで、ミラディン/Mirrodinにおけるのメイン種族として登場した。その後も様々な次元/Planeを舞台にしたカード・セットで登場を続けており、マーフォークほどメジャーではないにしろ、青の種族として確固たる存在感を放つまでになった。

か青を含む多色である。

大半のヴィダルケンがウィザード工匠職業を持つ。ミラディン・ブロックおよび続編のミラディンの傷跡ブロックアラーラの断片ブロックカラデシュ・ブロックなど、アーティファクトをテーマに据えたセットで多く登場しており、伴ってアーティファクトに関連した能力を持つものが多い。未来予知タイムシフト・カードであるヴィダルケンの霊気魔道士/Vedalken AEthermageは何故かスリヴァーに関連した能力を持つ。

伝説のヴィダルケンは苦痛の芸術家、ニン/Nin, the Pain Artist発明の領事、パディーム/Padeem, Consul of Innovationの2枚。

[編集] ストーリー

いくつかの次元/Planeに暮らす人型の知的種族。共通して青い肌を持ち高い知性を有するが、それ以外の特徴には次元ごとに差異がある。

詳細はヴィダルケン/Vedalkenを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif