サルカンの封印破り/Sarkhan's Unsealing

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sarkhan's Unsealing / サルカンの封印破り (3)(赤)
エンチャント

あなたが、パワーが4か5か6であるクリーチャー呪文を唱えるたび、クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。サルカンの封印破りはそれに4点のダメージを与える。
あなたが、パワーが7以上であるクリーチャー呪文を唱えるたび、サルカンの封印破りは各対戦相手と対戦相手がコントロールしている各クリーチャーと各プレインズウォーカーにそれぞれ4点のダメージを与える。


唱えたクリーチャーパワー次第で火力誘発するエンチャント伏魔殿/Pandemoniumの亜種の一つと言える。

過去のカードでは古霊の踏み行く処/Where Ancients Treadとよく似ており、誘発条件の下限がパワー4になっているほか打ち消しにも強くなり、マナ・コスト軽いとあって非常に使いやすくなっている。さらにパワー7以上を唱えたときの爆発力はすさまじく、生半可なクリーチャーやプレインズウォーカーを一掃してくれる。一方、弱点も他の伏魔殿系カードと同じく、これ単体では何もしないという点は無視できない。展開しきった後にトップデッキしたり、こればかり引いて肝心のクリーチャーを引けないと悲惨なので、デッキ構成には細心の注意を払いたい。

他の伏魔殿系カード同様、クリーチャー中心のデッキにおける追加のダメージソースとして運用していくことになるため、ミッドレンジランプデッキでの採用が検討される。基本セット2019にはパワー4以上という同じ条件を持つカル・シスマの恐怖、殺し爪/Goreclaw, Terror of Qal Sisma巨大な威厳/Colossal Majestyが収録されているため、デッキカラーが合うならセットで採用するのも一興。

登場時のスタンダードでは鉄葉ストンピィをベースとしてこれを活かせるようにした構築「サルカン・グリーン」がMagic Onlineで見られるようになった[1]

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2019の、プレインズウォーカーに関する呪文サイクル。各レアに1枚ずつ存在する。

[編集] ストーリー

このカードはゼンディカー・ブロックにおける、エルドラージ/Eldraziの封印に綻びが生じる場面を描いたものである(イラスト)。

ニコル・ボーラス/Nicol Bolasの命を受け、ゼンディカー/Zendikarにてウギンの目/Eye of Uginを守護する任務に就いていたサルカン/Sarkhanは、「目」を探してやってきたチャンドラ/Chandraと戦闘になる。戦いを優勢に進めるサルカンだったが、ジェイス/Jaceが「目」に辿り着き、チャンドラに不可視の炎を使うよう助言したことで敗れた。

サルカンはボーラスのもとに帰還し任務の失敗を報告したが、すべてはボーラスの計画通りだった――ウギン/Uginナヒリ/Nahiriソリン/Sorinが作り上げたエルドラージの封印は、ウギンの目に「三人のプレインズウォーカー/Planeswalker」と「無色の炎」が揃ったときに開く仕組みになっていたのだ。

[編集] 参考

  1. サルカン・グリーン(スタンダード) 岩SHOWの「デイリー・デッキ」(Daily MTG 2018.07.23)
QR Code.gif