とどろく雷鳴/Rolling Thunder

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Rolling Thunder / とどろく雷鳴 (X)(赤)(赤)
ソーサリー

望む数のクリーチャーやプレイヤーを対象とする。とどろく雷鳴はそれらにX点のダメージをあなたの望むように分割して与える。


複数の対象ダメージをばらまくことができるX火力。任意の対象を選んで、Xダメージを自由に割り振ることができる。

類似の目的・効果を持つ火の玉/Fireballに比べて、火種が()だけ多い。だが火の玉は目標を増やすごとに追加マナがいり、しかもダメージ配分は任意ではなく平均値。基本効率がやや劣る分、2つ以上の対象を取るならばこちらのほうが使い勝手がいい。

優秀なカードであるが、テンペスト・ブロック当時は火力としては不採用になりがちであった。当時は火葬/Incinerate地震/Earthquakeなどの軽く優秀な呪文が多かったためである。いかに当時の赤が強力だったかよくわかる。

リミテッドではアドバンテージの取れる除去フィニッシャーとなる、とてもコモンとは思えぬ強烈なエンドカードである(テンペストだけでなく当時の基本セットには、こういったX火力がコモンにあり、リミテッドで大きな支配力があった)。また、Pauperでもリミテッドと同様アドバンテージ除去兼フィニッシャーとして8postウルザトロンなどで採用され、ビッグ・マナ系デッキの定番カードとなっている。

  • 「好きな数の」対象を取るとテキストには記載されているが、割り振りのルールにより、選んだ対象には最低1(銀枠なら1/2)ダメージは割り振らなければならない。そのため通常は最大でX体(銀枠ならXの2倍)までしか対象に取れない。
  • 後世に、より強力なダメージ効率を誇る彗星の嵐/Comet Stormが登場している。そちらはさすがに神話レアまで稀少度が上昇している。

[編集] 参考

QR Code.gif