Meteor Shower

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Meteor Shower (X)(X)(赤)
ソーサリー

望む数のクリーチャーやプレインズウォーカーやプレイヤーの組み合わせを対象とする。Meteor Showerは、それらにX足す1点のダメージをあなたが望むように割り振って与える。


ダメージを複数対象割り振れX火力呪文。ただし、ダメージは追加2マナにつき1しか増えず、コストは非常に割高。

多目標を狙う前提ならば、アイスエイジ当時の火の玉/Fireballドワーフのカタパルト/Dwarven Catapultよりは使いやすい。ただ、同時期には4点ダメージをばらまける発火/Pyrotechnicsがあり、比較するとちょっと苦しかった。また、後に作られたとどろく雷鳴/Rolling ThunderのおかげでXを4以上(5目標以上)にできる点も独自とは言えなくなり、さらにその上位互換である彗星の嵐/Comet Stormまで登場。Meteor Showerを選択肢に入れる理由はほぼ失われた。

コモンであり、大きなアドバンテージを取れることから、Pauperでは好んで使われる・・・と思われたが、Pauperの開始とほぼ同時期にとどろく雷鳴が収録されているテンペストが発売していた。一応、当初のPauperは多色化がしにくい環境であり、シングルシンボルであることがこのカードを使用する大きなメリットとなっていたのだが、新たなエキスパンションの発売が進むごとに色マナの供給を安定させるカードが徐々に増えていき、とどろく雷鳴のダブルシンボルもあまり気にならなくなってきたため、このカードのポジションはあっという間にとどろく雷鳴に取って代わられてしまった。

[編集] ストーリー

Meteor Shower(「流星雨」の意)は、その名の通り隕石を降らせて破壊する魔法(イラスト)。フレイバー・テキストでは、複数を狙える柔軟性の代償にマナを食い過ぎる使いにくさ、というこのカードの特性にヤヤ・バラード/Jaya Ballardが不満を漏らす。

"Eenie, meenie, minie, moe . . . oh, why not all of them?"(ど・れ・に・し・よ・う・か・な…もう、どうして全部選べないの?)
特務魔道士、ヤヤ・バラード

[編集] 参考

QR Code.gif