ドワーフのカタパルト/Dwarven Catapult

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dwarven Catapult / ドワーフのカタパルト (X)(赤)
インスタント

対戦相手1人を対象とする。ドワーフのカタパルトは、そのプレイヤーがコントロールするすべてのクリーチャーに、Xを端数を切り捨てて均等に割った点数のダメージを与える。


クリーチャー専用X火力。少し特殊で、発生するダメージを、対戦相手の全クリーチャーに均等に分割して与える

対象とするのは「対戦相手」であるので、「対象にならないクリーチャー」にもダメージを与えられるのはメリット。上手く使えば複数のクリーチャーに対処できる。

一方で、相手のクリーチャーすべてに均等に分割するという性質から、以下のようにさまざまにロスが発生しやすい。

  • クリーチャーのタフネスにばらつきが大きければ、大物は倒せず小物には余剰がでるようなことが起きる。
  • 単に相手クリーチャーが多すぎるだけで、威力が上がらず有効なダメージ源にしづらい。
  • プロテクション持ちクリーチャーも分割の頭数になってしまうので、その分はそっくり無駄になってしまう(もちろんその無駄の分、他への威力も下がっていて損になる)。

よってこれをデッキに入れるなら、相手クリーチャーの数を少なめに抑えこむ手段も考慮しておくべきだろう。

  • 他の火力にも共通といえるが、戦闘に絡めて使うと効果的。ブロックして/されて生き残ったクリーチャーは、耐えられるぎりぎりまでダメージが蓄積している場合が多いので、この呪文のような「多目標に小さくばらまく」ダメージが効きやすい。
  • 謙虚/Humilityと相性がよい。Xを相手のクリーチャーの数にして唱えれば、能力を無視して相手のコントロールしているクリーチャーを殲滅できる。

[編集] 参考

QR Code.gif