プロツアー東京01

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

プロツアー東京01/Pro Tour-Tokyo 2001は、2001年に日本で開催されたインベイジョン・ブロック構築プロツアー

ステロイドVoidなどのデッキが上位を占めた。特にチーム「AlphaBetaUnlimited.com」の持ちこんだステロイドが大きな活躍を残し、4名が決勝ラウンド進出を果たした(Lucas HagerChris BenafelRyan FullerPhilip Freneau)。

赤いデッキがメタゲームの中心に居ることを踏まえ、それらを主眼に据えた藤田剛史カウンターシャンブラーZvi Mowshowitzソリューションが大きな成果を上げ、それぞれ準優勝・優勝を果たした。藤田剛史の準優勝は、日本人初(アジア圏でも初)のプロツアーベスト8入りであった。

  • この大会でRyan Fullerは、プロツアーでは初めての、予選ラウンド全勝(14勝)を達成した。この偉業は後に、日本では「ライアンチャンス」と呼ばれるようになっている。

[編集] 基本データ

[編集] 上位入賞者および注目プレイヤーの順位

[編集] 参考

2000年-2001年シーズン
プロツアー ニューヨーク00秋マスターズ) - シカゴ00マスターズ) - ロサンゼルス01 - 東京01マスターズ) - バルセロナ01マスターズ)- 世界選手権
国別選手権01 オーストラリア - フランス - ドイツ - アメリカ - 日本 - カナダ
グランプリ ポルト00 - 札幌00 - マンチェスター00 - ヘルシンキ00 - ダラス00 - 京都00 - フェニックス00 - シドニー00 - フィレンツェ00 - ブエノスアイレス00 - シンガポール00

ニューオーリンズ01 - アムステルダム01 - 広島01 - 高雄01 - バレンシア01 - ケルン01 - ボストン01 - リオデジャネイロ01 - プラハ01 - ヨーテボリ01 - デトロイト01 - モスクワ01 - 横浜01 - トリノ01 - 台北01 - コロンバス01

その他 インビテーショナル00秋 - The Finals00 - スーパーシリーズ選手権01 - アジア太平洋選手権01 - ラテンアメリカ選手権01 - ヨーロッパ選手権01 - アマチュア選手権01
1995-19961996-19971997-19981998-19991999-20002000-20012001-20022002-20032003-20042004-2005200620072008200920102011201220132014201520162017
QR Code.gif