Look at Me, I'm R&D

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Look at Me, I'm R&D (2)(白)
エンチャント

Look at Me, I'm R&Dが戦場に出るに際し、数を1つと、その数より1つ多いか1つ少ない数を1つ選ぶ。
パーマネント、呪文、あらゆる領域にあるカードに書かれている1つ目の数は2つ目の数である。


Look at Me, I'm the DCIに続くカード。向こうが禁止カードを作るのに対し、こちらはエラッタを自分で作れる。

マナ・コストを下げることもできるし、タフネスパワーなど当て嵌まったあらゆる数字が書き換えられる。

  • 注釈文を書き換えても意味は無い。
  • 英語版カード(オラクル)に数詞が記されているもの以外は変更されない。例えば、「クリーチャー1体を対象とする(a target creature)」や「カードを1枚引く(draw a card)」の数字の1は変更されない。
    • このカード自身にも「1」や「2」が出てくるので、色々変なことが出来そうに見える。しかしオラクルで数詞なのは「その数より1つ多いか1つ少ない数(one higher or one lower than that number)」の部分だけなので、大した影響は出ない。
    • 以前は生み出される無色マナの点数も数字で記されていたのでSu-Chi陰極器/Cathodionにしたりできたが、ゲートウォッチの誓い無色マナ・シンボルが導入されたことで影響を受けなくなった。
  • 1→0で宣言してもパーマネントにすでに乗っている+1/+1カウンター-1/-1カウンターには(カウンターはカードではないので)影響しない。
  • 見た目はお粗末なテストプレイ・カード風。(2)(白)(白)のインスタントだったらしいが、水色のマーカーで訂正されている。このようにテキストだけを印刷したシールを基本土地や不要なカードに貼ってテストプレイをするのだ(参考)。
  • R&DとはWotC研究開発部のこと。エラッタを出す必要が出るのは、大抵ここの責任である。

[編集] 参考

QR Code.gif