Angel Weirding

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Angel Weirdingとは、ズアーロックの一種で、炎まといの天使/Firemane Angelズアーの運命支配/Zur's Weirdingによるハンドロックを組み込んだトリコロールデッキ


Firemane Angel / 炎まといの天使 (3)(赤)(白)(白)
クリーチャー — 天使(Angel)

飛行、先制攻撃
あなたのアップキープの開始時に、炎まといの天使があなたの墓地にあるか戦場に出ている場合、あなたは1点のライフを得てもよい。
(6)(赤)(赤)(白)(白):あなたの墓地にある炎まといの天使を戦場に戻す。この能力は、あなたのアップキープの間にのみ起動できる。

4/3


Zur's Weirding / ズアーの運命支配 (3)(青)
エンチャント

プレイヤーは自分の手札を公開した状態でプレイする。
プレイヤー1人がカードを1枚引く場合、代わりにそのプレイヤーはそれを公開する。その後、他のプレイヤーは2点のライフを支払ってもよい。いずれか1人のプレイヤーがそうした場合、そのカードをオーナーの墓地に置く。そうでない場合、そのプレイヤーはそのカードを引く。


典型的なゲームの流れは以下の通り。

  1. 戦場コントロールしながら強迫的な研究/Compulsive Researchけちな贈り物/Gifts Ungiven炎まといの天使/Firemane Angel墓地送りにする。
  2. ターン2点以上のライフゲインが確保できたら、ズアーの運命支配/Zur's Weirdingを張って対戦相手ドローを全て却下する。
  3. 炎まといの天使を墓地から呼んで殴る

ロックさえ決まればゲームはほぼ決まるのだが、コンボパーツの確保と戦場をコントロールしきるまでには時間がかかり、またロックが成立しても実際に勝利するまでにはさらに時間がかかる。当時のスタンダード(~ギルドパクト)では最も遅い部類に入るデッキであり、時間制限のあるトーナメントでは1ゲーム目を落としてしまうとマッチを取るのが難しくなってしまう。

また、手札を封殺しても機能する発掘を非常に苦手とする。そのため邪魔/Hinderの存在が重要になる。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (61)
クリーチャー (5)
1 曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror
4 炎まといの天使/Firemane Angel
呪文 (32)
4 マナ漏出/Mana Leak
4 稲妻のらせん/Lightning Helix
4 邪魔/Hinder
2 けちな贈り物/Gifts Ungiven
1 巻き直し/Rewind
4 強迫的な研究/Compulsive Research
4 神の怒り/Wrath of God
3 信仰の足枷/Faith's Fetters
2 ズアーの運命支配/Zur's Weirding
2 ボロスの印鑑/Boros Signet
2 イゼットの印鑑/Izzet Signet
土地 (24)
6 島/Island
5 平地/Plains
4 蒸気孔/Steam Vents
2 聖なる鋳造所/Sacred Foundry
4 アダーカー荒原/Adarkar Wastes
2 ボロスの駐屯地/Boros Garrison
1 雲の宮殿、朧宮/Oboro, Palace in the Clouds
サイドボード
4 呪師の弟子/Jushi Apprentice
4 清麻呂の末裔/Descendant of Kiyomaro
2 曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror
1 陶片のフェニックス/Shard Phoenix
1 双つ術/Twincast
1 象牙の仮面/Ivory Mask
1 真髄の針/Pithing Needle
1 龍の牙、辰正/Tatsumasa, the Dragon's Fang
  • Kamiel Cornelissenは15t位と好成績を残したものの、同じデッキを使用したJulien Nuijtenは1勝もせず。まだまだ改良の余地がありそうである。

[編集] 参考

QR Code.gif