複数のクリーチャーをブロックするカード

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

クリーチャー1体がブロックできるのは攻撃クリーチャー1体だけ、という原則を破るカード


Blaze of Glory (白)
インスタント

Blaze of Gloryは、戦闘中でブロック・クリーチャーが指定されるより前にのみ唱えられる。
防御プレイヤーがコントロールするクリーチャー1体を対象とする。このターン、それは望む数のクリーチャーをブロックできる。このターン、それは可能ならば各攻撃しているクリーチャーをブロックする。



Two-Headed Giant of Foriys (4)(赤)
クリーチャー — 巨人(Giant)

トランプル
Two-Headed Giant of Foriysは、各戦闘で追加で1体のクリーチャーをブロックできる。

4/4

目次

[編集] 概要

リミテッド・エディションBlaze of GloryTwo-Headed Giant of Foriysが初出の能力よりはに相応しい能力と判断されたため、ほとんどは白のカード。

「ブロックできるクリーチャー数を追加する効果」と「数の制限自体を無効化する効果」の2種類がある。後者は白だけが有する効果。

ブロック性能を向上させることから防御的な能力と評価されるが、見方を変えるとブロック・クリーチャーが減らせる分、攻撃にクリーチャーを回せることになる。残念なことに、恒常的にこの能力を持つカードの内、それ1枚で戦線を維持できるだけのカードパワーを持っているものはいない(複数ブロックできてもタフネスが十分でなく破壊されやすい、強力でも過ぎる、など)。結局別のカードで欠点を補うことになり、結果としてパフォーマンスの面で劣ってしまう。構築では、クリーチャー対クリーチャー戦での戦術的優位を構築するだけのカードに余分なスロットを割けないのが実情である。

[編集] 相性の良い能力

警戒
攻撃してもブロックに回せる。
パワー強化先制攻撃バジリスク能力
攻撃力の上昇は敵の攻撃の抑止にも繋がる。
タフネス強化、再生プロテクション破壊不能
生存力の向上。
飛行到達
敵の回避能力に対応。
状況によってはシャドー馬術も含まれる。

[編集] カード一覧

以下登場順(イクサランまで)

[編集] 自身がブロックするカード

[編集] その他

[編集] 参考

QR Code.gif