神秘の考古学者/Mystic Archaeologist

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mystic Archaeologist / 神秘の考古学者 (1)(青)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

(3)(青)(青):カードを2枚引く。

2/1

マナ支払うことで運命編み/Weave Fate相当のドローができるクリーチャー蒼穹の魔道士/Azure Mage上位種にあたる。

一見すると地味だが、他の追加コストや制限がなくマナのみでドローできる起動型能力としては過去最高のマナ効率を誇る。これを出している分を差し引けば1回目の起動で得られるハンド・アドバンテージは1枚だが、2回目以降になるとハンド・アドバンテージとしてはジェイスの創意/Jace's Ingenuity相当になるため、同じコストでそれが毎ターン使えることは見た目以上に強烈。2マナと軽い上、部族シナジーを受けられる人間ウィザードであることも追い風。

欠点は本体が2/1という貧弱なサイズであるが為の除去耐性の低さ。これのような長期戦でアドバンテージを稼ぎたいアーキタイプといえばコントロールだが、クリーチャー比率が少ないそのようなデッキにおいては、対戦相手からすれば腐っていた除去呪文のいい的になってしまうのが懸念材料といえる。

リミテッドでは派手さこそないがマナさえあれば着実に優位を築ける最高峰のシステムクリーチャー。ただしテンポ損と、マナ効率が良い故のライブラリーアウトには注意。構築においては、メインデッキノンクリーチャーであるターボネクサスサイドボードに仕込まれたり、単色ビートダウンにおけるアドバンテージ獲得手段としてメインから投入されたりといった形の採用例がある。

[編集] 参考

QR Code.gif