神を討て

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

神を討て/Defeat a Godチャレンジ・デッキの一つ。ニクスへの旅ゲームデーで挑戦することができるほか、2014年5月30日より一般販売される。


Xenagos Ascended / 覚醒したゼナゴス
伝説のクリーチャー エンチャント — 神(God)

歓楽者(Reveler)が戦場にいるかぎり、覚醒したゼナゴスは戦場を離れることができない。
覚醒したゼナゴスが戦場を離れたとき、各プレイヤーはこのゲームに勝利する。

6/5

アーティスト:Tyler Jacobson



Ecstatic Piper / 高揚した笛吹き
クリーチャー — サテュロス(Satyr) 歓楽者(Reveler)

高揚した笛吹きが戦場に出たとき、このターン、《覚醒したゼナゴス/Xenagos Ascended》は可能なら攻撃する。
英雄の報酬 ― 高揚した笛吹きが戦場を離れたとき、各プレイヤーはそれぞれ2点のライフを得る。

2/2

アーティスト:Steve Argyle



Dance of Panic / 恐慌の踊り
エンチャント

歓楽者(Reveler)が5体以上戦場に出ているかぎり、すべての歓楽者は速攻を持つとともに各ターン可能なら攻撃する。

アーティスト:Mike Bierek


目次

[編集] 概要

3番目のチャレンジ・デッキ。プレイヤーは自分のデッキを用いてとなったゼナゴス/Xenagosを討ち倒す。

チャレンジ・デッキを使用するプレイヤー(以下ゼナゴス)と、それに挑むプレイヤー(以下プレイヤー)に分かれてゲームを行う。プレイヤー側は通常のマジックのデッキを用意し使用する。

[編集] 遊び方

以下に記すものを除き、通常のマジックのルールを適用する。

勝利条件
ゲーム開始前の準備
ゼナゴスのターン

ターン進行は通常のフェイズおよびステップを用いる。

ゼナゴスへの攻撃

各プレイヤーは、ゼナゴスのコントロールするクリーチャーを直接攻撃することができる。

  • 1体のクリーチャーを望む数のクリーチャーで攻撃することができる。
  • 致死ダメージを負ったクリーチャーは破壊され、ゼナゴスの墓地に置かれる。
その他の特別ルール
  • ゼナゴスにカードを引かせたり捨てさせたり、その他実行不可能な行動を引き起こす効果は無視する。
  • ゼナゴスのコントロールするパーマネントがそのライブラリーもしくは墓地以外の領域に移動する場合、代わりにそれをゼナゴスの墓地に置く。
  • チャレンジ・デッキに入っているすべてのカードは無色であり、それらの点数で見たマナ・コストは0として扱う。
その他

神を討てはあくまでカジュアルプレイを前提とされているため、必要があればこれらのルールを変更したり、追加しても構わない。同様に、解決できない問題が起こった場合は最も楽しめる形で解決することが奨励されている。

  • より難易度の高いチャレンジを目指したい場合、最初に戦場に出すお祭り騒ぎの群れ/Rollicking Throngの枚数を増やしたり、ゼナゴスの戦闘前メイン・フェイズに公開されるカードの枚数を増やしたりするとよい。
  • ゼナゴスそのものの能力を何らかの方法で失わせれば、適当な除去呪文を撃つだけで簡単に倒せてしまう(例:融合で唱えた変化+点火/Turn+Burnなど)が、これではゼナゴスが戦場を離れたときの勝利条件が誘発しなくなり、ゲームに勝利できなくなってしまう。

[編集] デッキリスト

クリーチャー (33) ソーサリー (23)
1 覚醒したゼナゴス/Xenagos Ascended 7 突発的な突進/Impulsive Charge
6 お祭り騒ぎの群れ/Rollicking Throng 2 突発的な破壊/Impulsive Destruction
16 高揚した笛吹き/Ecstatic Piper 4 突発的な復活/Impulsive Return
2 怒り狂えるオリアード/Maddened Oread 2 引き千切り/Rip to Pieces
4 フィーリーズ団の歓楽者/Pheres-Band Revellers 3 ゼナゴスの嘲笑/Xenagos's Scorn
2 蛇の踊り手/Serpent Dancers 5 ゼナゴスの一撃/Xenagos's Strike
2 荒ぶるマエナード/Wild Maenads
エンチャント (4)
2 炎の踊り/Dance of Flame
2 恐慌の踊り/Dance of Panic

[編集] 参考

QR Code.gif