熱心な秘儀術師、ハルダン/Haldan, Avid Arcanist

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Haldan, Avid Arcanist / 熱心な秘儀術師、ハルダン (2)(青)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

《秘儀を運ぶもの、パコ/Pako, Arcane Retriever》との共闘(このクリーチャーが戦場に出たとき、プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは「自分のライブラリーから《秘儀を運ぶもの、パコ/Pako, Arcane Retriever》を自分の手札に加え、その後切り直す。」を選んでもよい。)
あなたは、取得(fetch)カウンターが置かれているあなたが追放したカードの中から、土地をプレイしてもクリーチャーでない呪文を唱えてもよく、その呪文を唱えるために任意のマナを望む色のマナであるかのように支払ってもよい。

1/4

秘儀を運ぶもの、パコ/Pako, Arcane Retriever共闘する伝説の人間ウィザード

あなた追放して取得カウンター置かれているカードを追放領域から唱えられるようになる。このときマナは望む色マナであるかのように支払える。

登場時点で取得カウンターを用いるカードはこれと共闘相手のパコの2枚のみであるため、パコがいなければ始まらない。多人数戦では毎ターンプレイヤーの人数分の取得カードを調達してくれるため、枚数的にも選択肢的にも大きなアドバンテージになる。

  • あなたが追放したカードでなければならないため、ハルダンとパコの両方を自分でコントロールしている必要がある。このため共闘を持ってはいるが双頭巨人戦でペアを分け合うのには向かない。

[編集] ルール

  • 追放されたカードを唱えたり、土地としてプレイするタイミングは通常のルールの許諾に従う。
  • あなたが追放して取得カウンターが置かれているカードなら、熱心な秘儀術師、ハルダンが戦場にいない間に追放されていたカードでもプレイすることができる。
  • コスト支払う過程で熱心な秘儀術師、ハルダンが戦場を離れても、その呪文を唱える行為が中断されることはない。
  • 望むマナで”あるかのように支払うだけで、実際に支払われたマナのが変わることはない。向上呪文などは実際に支払われたマナを参照するので注意。
  • 望む色のマナであり、望む色のタイプではない。無色マナ・シンボルを含むカードを任意の色マナで唱えることは不可能。
  • 当事者カードに取得カウンターが置かれて追放されているなら、あなたはそれを出来事として唱えてもよい。
  • 多人数戦プレイヤー敗北してゲームから除外されたなら、そのプレイヤーがオーナーであるカードもすべて除外される。あなたがゲームから除外されたなら、パコが取得してあなたがコントロールしていた呪文やパーマネントは追放される(CR:800.4a)。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

統率者2020共闘クリーチャーサイクル。「[カード名]との共闘」を持つ伝説のクリーチャーで、単色人間友好色2の怪物の組み合わせ(足すと楔3色)となっている。稀少度神話レア

[編集] 参考

QR Code.gif