ナーガ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ナーガ/Nagaは、クリーチャー・タイプの1つ。の下半身を持つ亜人種族


Sidisi, Brood Tyrant / 血の暴君、シディシ (1)(黒)(緑)(青)
伝説のクリーチャー — ナーガ(Naga) シャーマン(Shaman)

血の暴君、シディシが戦場に出るか攻撃するたび、あなたのライブラリーの一番上から3枚のカードをあなたの墓地に置く。
クリーチャー・カードが1枚以上あなたのライブラリーからあなたの墓地に置かれるたび、黒の2/2のゾンビ(Zombie)・クリーチャー・トークンを1体生成する。

3/3


Sidisi's Faithful / シディシの信者 (青)
クリーチャー — ナーガ(Naga) ウィザード(Wizard)

濫用(このクリーチャーが戦場に出たとき、あなたはクリーチャーを1体生け贄に捧げてもよい。)
シディシの信者がクリーチャーを1体濫用したとき、クリーチャー1体を対象とし、それをオーナーの手札に戻す。

0/4


Vizier of the Menagerie / 生類の侍臣 (3)(緑)
クリーチャー — ナーガ(Naga) クレリック(Cleric)

あなたはあなたのライブラリーの一番上のカードを見てもよい。(これはいつでも行ってよい。)
あなたのライブラリーの一番上のカードがクリーチャー・カードであるなら、あなたはそれを唱えてもよい。
あなたは、クリーチャー呪文を唱えるために、任意のマナを望むタイプのマナであるかのように支払ってもよい。

3/4

タルキール/Tarkirスゥルタイ群/The Sultai Broodを構成する種族の一つとして、タルキール覇王譚ブロックで新たに登場した種族。古代エジプト風次元/Planeであるアモンケット/Amonkhetを舞台としたアモンケット・ブロックでも再登場した。

、およびそれらを含む多色に存在する。

能力面での共通点は特に存在しないが、シャーマンあるいはウィザードのクリーチャー・タイプを併せ持つものが多く、それが手伝ってかトリッキーな能力を持つものが多い。また、パワーよりタフネスの高いものが多く、スゥルタイの剥ぎ取り/Sultai Flayer死者を冒涜するもの/Profaner of the Deadのように、タフネスの値を参照する能力を持つものもいる。

伝説のナーガは血の暴君、シディシ/Sidisi, Brood Tyrantアンデッドの大臣、シディシ/Sidisi, Undead Vizierおよび簒奪者、イクラ・シディーキ/Ikra Shidiqi, the Usurperの3体。

  • ナーガ(Nāga)とはインド神話に登場する蛇の特徴を持った精霊、あるいは神のこと。マジックを含む一般的なファンタジー作品では人型の上半身と蛇の下半身を持つ姿で描写されることが多いが、原典では単に蛇として描かれる事が多い(参考:Wikipedia:ナーガ)。
  • このクリーチャー・タイプが制定される以前にも、ナーガと酷似した外見を持つ蛇人間の戦士/Serpent Warrior蛇人間の暗殺者/Serpent Assassinが登場しているが、それらはオラクルの更新は行われておらず、のままである。

[編集] ストーリー

[編集] タルキール/Tarkir

歴史改変前
タルキールの5つの氏族/Clanの1つ、スゥルタイ群/The Sultai Broodの支配者層。肉体を歪める魔術を得意とし、変身やアンデッドの改造に役立てているほか、催眠と魅了の力を持ち、毒の扱いにも精通している。人間を嫌っており、彼らが飼い慣らすと同程度にしか見ていない。
ナーガの女王、シディシ/Sidisiがスゥルタイ群のカン/Khanの座に就いている。
歴史改変後
スゥルタイ群は既に存在しておらず、シルムガル/Silumgar率いるシルムガル氏族/The Silumgar clanに属している。扱う魔術やその才能は変化していないが、彼らは氏族において最小の権力しか持っていない。唯一、アンデッドの大臣であるシディシ/Sidisiが影響を及ぼす地位を保持しているのみである。

[編集] 参考

QR Code.gif