加虐

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
加虐/Afflict
種別 誘発型能力
登場セット 破滅の刻
CR CR:702.129

加虐(かぎゃく)/Afflictは、破滅の刻で登場したキーワード能力。その能力を持つクリーチャーブロックされるたびに機能する誘発型能力である。


Khenra Eternal / ケンラの永遠衆 (1)(黒)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie) ジャッカル(Jackal) 戦士(Warrior)

加虐1(このクリーチャーがブロックされた状態になるたび、防御プレイヤーは1点のライフを失う。)

2/2

[編集] 定義

加虐N/Afflict Nは「このクリーチャーがブロックされた状態になるたび、防御プレイヤーはN点のライフ失う。」を意味する。

クリーチャー1体が複数の加虐を持つなら、それらはそれぞれ個別に誘発する。

[編集] 解説

ニコル・ボーラス/Nicol Bolasの不死の軍団、永遠衆/Eternalを表すキーワード能力。永遠で表されない永遠衆はすべてこの能力を持っており、この能力を持つカードはすべてゾンビである。もボーラス・カラーであるに存在する。

ブロックしてもライフを失うのは変わらないので、変則的な回避能力として働く。一部のカードパワーより高い加虐と同時にサボタージュ能力を持っており、対戦相手に選択を迫る懲罰者カード的な要素も持つ。

[編集] ルール

  • 加虐を持つクリーチャーが何体のブロック・クリーチャーにブロックされたかに関わらず、1回の戦闘で加虐が誘発するのは1回である。
  • クリーチャーがプレインズウォーカー攻撃しているなら、そのプレインズウォーカーのコントローラーが防御プレイヤーとなり、ライフを失う(CR:506.2,CR:802.2a)。
  • 加虐は戦闘ダメージが与えられるより先に解決される。加虐によってライフを失ったことにより、プレイヤーライフ総量が0以下になったなら、そのプレイヤーは即時にゲームに敗北する。絆魂を持つブロック・クリーチャーがあっても、まだ戦闘ダメージを与えていないので、そのプレイヤーを救うためには間に合わない。
  • クリーチャーにブロックされたことで加虐が誘発した場合、実際にスタックに乗るのは次にプレイヤーが優先権を得るときである(CR:603.3)。通常は、ブロック・クリーチャーを指定し、ダメージ割り振り順が決定されてから、スタックに置かれれる(CR:509.4a)。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif