毒物の侍臣、ハパチラ/Hapatra, Vizier of Poisons

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Hapatra, Vizier of Poisons / 毒物の侍臣、ハパチラ (黒)(緑)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)

毒物の侍臣、ハパチラがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、クリーチャー1体を対象とする。あなたはそれの上に-1/-1カウンターを1個置いてもよい。
あなたがクリーチャー1体の上に-1/-1カウンターを1個以上置くたび、接死を持つ緑の1/1の蛇(Snake)クリーチャー・トークンを1体生成する。

2/2

-1/-1カウンターを置くサボタージュ能力と、-1/-1カウンターを置くことでトークン生成する能力を持つ黒緑伝説のクリーチャー

サボタージュ能力は対戦相手のクリーチャーの除去や恒久的な弱体化にも、自軍の-1/-1カウンターシナジーの利用にも使え、おまけに接死持ちのトークンまで生成されるという強力なもの。ただ対戦相手にしてみれば攻撃を通すリスクが大きいため、ブロッカーが1体でもいれば大抵の場合攻撃を通してはもらえない。回避能力を付与できれば戦場を制圧することも容易だが、全体除去には何の耐性も持たないため注意。

トークンの生成条件は自身のサボタージュ能力に限らないため、CIPで自軍に-1/-1カウンターを置くクリーチャーともシナジーを形成する。他には誘発型能力の性質から、なるべく複数体に-1/-1カウンターをばら撒けるものが望ましく、特にイフニルの魔神/Archfiend of Ifnirとの組み合わせは強烈。 背景ストーリーを考えると何ともやるせないが、敬愛するロナス/Rhonasを殺害した蠍の神/The Scorpion Godとも相性抜群である。

リミテッドではクリーチャー戦が主体となるため、回避能力を持たないこれは単なる2/2に終わることが多い。-1/-1カウンターを利用するデッキならそれなりに活躍が見込めるだろう。スタンダードでは、黒緑の2マナ域には巻きつき蛇/Winding Constrictor残忍な剥ぎ取り/Grim Flayerなどの強力なライバルが存在し、これを採用するデッキは少ない。

  • 対戦相手も自分も他にクリーチャーをコントロールしていない場合、単体除去への耐性のため自身に-1/-1カウンターを置く選択肢も頭に入れておきたい。また生成したトークンと共に攻撃して両方生き残っているなら、トークンに-1/-1カウンターを置くことで実質警戒持ちのように振舞わせることも可能。

[編集] ルール

  • あなたが複数のクリーチャーの上に-1/-1カウンターを同時に置いたなら、2番目の能力はそのクリーチャー1体につき1回ずつ誘発する。
  • あなたが1体のクリーチャーの上に複数個の-1/-1カウンターを同時に置いたとしても、2番目の能力はそのクリーチャーでは1回しか誘発しない。
  • あなたがハパチラ自身の上に-1/-1カウンターを置いたなら、それによってハパチラのタフネスが0以下になったとしても、2番目の能力は誘発する。

[編集] 開発秘話

開発中に大きく能力が変更になった一枚である。もともとは以下のように萎縮を強化するカードだったが、アモンケットから萎縮が無くなった結果現在の形に落ち着いた。


非公式/非実在カード

クレオパトラ (2)(黒)(緑)
クリーチャー ― ファラオ

萎縮
萎縮を持つクリーチャーが1体、他のプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、1/1の緑の蛇・トークンを戦場に出す。

3/5


[編集] ストーリー

ハパチラ/Hapatraロナス/Rhonasに仕える人間侍臣/Vizier。女性。毒物の侍臣/Vizier of poisonsとして、活力の試練/The Trial of Strengthバジリスクを取り扱う。

詳細はハパチラ/Hapatraを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif