探査の短剣/Dowsing Dagger

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dowsing Dagger / 探査の短剣 (2)
アーティファクト — 装備品(Equipment)

探査の短剣が戦場に出たとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは防衛を持つ緑の0/2の植物(Plant)クリーチャー・トークンを2体生成する。
装備しているクリーチャーは+2/+1の修整を受ける。
装備しているクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたは探査の短剣を変身させてもよい。
装備(2)

Lost Vale / 失われた谷間
土地

(《探査の短剣/Dowsing Dagger》から変身する。)
(T):あなたのマナ・プールに、好きな色1色のマナ3点を加える。


対戦相手植物トークンを与えてしまうが、極めて強力な土地変身できる装備品。深い藪をかき分けた先に豊潤な土地が見つかるというフレイバー

装備品としてはキャスト装備に2マナが掛かる割には修整値は平凡で回避能力は一切与えず、それでいて対戦相手にチャンプブロッカーも与えてしまうため単純に使える性能ではないが、一度変身できれば水蓮の谷間/Lotus Valeに比肩する脅威の土地になる。相手のクリーチャーを除去するのもいいが飛行トランプルなどを持つクリーチャーに装備させればより手軽に条件を満たせる。多人数戦であればトークンを与えた相手とは別の手薄な相手を攻撃すればいいのでより達成しやすいだろう。ただし攻撃用の軽いクリーチャーを多く採用するとマナ加速が活用できる重いカードを入れることが難しくなるため、デッキ構成の腕が問われるカードと言える。

イクサラン単独のリミテッドでは単純に強力な装備品として役立つが、イクサランの相克を含むリミテッドでは昇殿の達成を容易にしてしまうデメリットが大きく、評価が下落する。とはいえ+2/+1修整は強力であり、フライヤーなどにつければお手軽にゲームエンドまで持っていけるだろう。

[編集] 参考

  1. こちらマジック広報室!!:11月24日(金)はブラックフライデー!? 『イクサラン』の宝箱キャンペーン開始!(2017年11月10日)
QR Code.gif