息詰まる徴税/Smothering Tithe

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Smothering Tithe / 息詰まる徴税 (3)(白)
エンチャント

対戦相手がカードを1枚引くたび、そのプレイヤーは(2)を支払ってもよい。そのプレイヤーがそうしないなら、あなたは「(T),このアーティファクトを生け贄に捧げる:好きな色1色のマナ1点を加える。」を持つ無色の宝物(Treasure)アーティファクト・トークンを1つ生成する。


対戦相手カード引くたびに、マナ支払い宝物の寄付によって税を取り立てるエンチャント

マナを支払えばテンポを大きく損ない、支払わなければ自由に使えるマナを与えてしまう、二者択一を迫るカード。ほとんどのデッキは毎ターンドロー・フェイズにカードを引くことになるため、能力はほぼ確実に誘発するだろう。対戦相手が減速してくれればコントロール基盤を確実にするまでの時間を稼ぐことができ、宝物を得たのであれば打ち消し除去を構えやすくなりフィニッシャーへのアクセスも早まる。宝物が集まれば2枚目のこれを貼りやすくもなるので、うまくいけば戦場を宝物だらけにできるかもしれない。ただしこれ自体は勝利に直結せず延命もできないので、宝物を抱えたまま敗北しないように気を付けたい。

多人数戦では対戦相手の人数だけ誘発するので大きくマナ加速できる見込みがある。そういう意味では統率者戦向きの一枚と言える。

リミテッドでこのカードを採用するのは考え物。4ターン目に出しても隙を晒すだけで、マナが余りがちな終盤に引いたところで何もしないなど、役に立たない可能性が高い。重いが強力なカードを複数取っていたり、タッチボムを採用しているのであれば利用できる可能性はあるが、元を取れるかどうかは怪しいところ。

[編集] 脚注

  1. The Tokens of Ravnica Allegiance/『ラヴニカの献身』のトークン(Card Preview 2019年1月10日 Blake Rasmussen著)

[編集] 参考

QR Code.gif