リスティックの研究/Rhystic Study

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Rhystic Study / リスティックの研究 (2)(青)
エンチャント

対戦相手1人が呪文を唱えるたび、そのプレイヤーが(1)を支払わないかぎり、あなたはカードを1枚引いてもよい。


Mystic Remoraを髣髴とさせるドローエンチャント

選択権が対戦相手にあるため確実にカード引けるわけではないが、カード1枚か1マナかという抑止力はそこそこ。元が3マナと考えれば十分と言えるだろう。水位の上昇/Rising Watersなどでマナ拘束すると確実性が増す。

さらに複数枚張ることができれば、対戦相手のペースを大いに乱せるだろう。

現役時は大した活躍も見せずにスタンダードを退場したが、現在は統率者戦を始めとする多人数戦で活躍の場を見出している。 多人数戦では必然的に通常の2人対戦の時より唱えられる呪文の数が多くなり、また対戦相手の誰かがマナスクリュー気味になる確率も上がるので、これで引けるチャンスも多くなるというわけである。

[編集] 参考

QR Code.gif