怒り狂う山峡/Raging Ravine

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Raging Ravine / 怒り狂う山峡
土地

怒り狂う山峡はタップ状態で戦場に出る。
(T):(赤)か(緑)を加える。
(2)(赤)(緑):ターン終了時まで、怒り狂う山峡は「このクリーチャーが攻撃するたび、その上に+1/+1カウンターを1個置く。」を持つ赤であり緑である3/3のエレメンタル(Elemental)・クリーチャーになる。それは土地でもある。


赤緑ミシュラランドは、攻撃するたびに+1/+1カウンターサイズ強化される3/3クリーチャーになる。+1/+1カウンターはクリーチャー化していない状態でも残るので、クリーチャー化し殴るたびに大きくなっていく。

1度目の攻撃時には既に4/4となっており、アタッカーとして頼れるサイズ。起動コストがやや重いこととタップインであることは難点ではあるが、中速デッキならば問題なく採用できる。

スタンダードでは当時のトップメタであるジャンドコントロールをさらに強化した他、ナヤビートダウンなどでも使われる。

  • 能力を複数回起動した場合、攻撃するたびに+1/+1カウンターが置かれる能力は重複する。2回起動すれば1度攻撃するだけで2個の+1/+1カウンターを得ることができる。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ワールドウェイク友好色ミシュラランドサイクルタップインデュアルランドでもあり、対応する2マナ支払うことでクリーチャー化する。

エキスパンションには、アンタップイン無色版の戦慄の彫像/Dread Statuaryもある。

[編集] 参考

QR Code.gif