強気な回収者/Defiant Salvager

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Defiant Salvager / 強気な回収者 (2)(黒)
クリーチャー — 霊基体(Aetherborn) 工匠(Artificer)

アーティファクト1つかクリーチャー1体を生け贄に捧げる:強気な回収者の上に+1/+1カウンターを1個置く。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。

2/2

アーティファクトクリーチャー生け贄に捧げることで自身を+1/+1カウンター強化できる霊基体工匠

能力起動ソーサリー・タイミングに限定されており、死にそうなクリーチャーや除去されそうなアーティファクトを生け贄にしてアドバンテージを稼ぐ、火力に対応して+1/+1カウンターを置いて凌ぐといった使い方ができない。状況に応じて柔軟にサイズを変動させられる利点はあるが、黒に与えられている即席能力とも相性が悪く、いまいち噛み合っていない。能動的に紛争を達成する、墓地利用と組み合わせる、活性機構/Animation Moduleと合わせてマナが続く限りパンプアップできる点に価値を見出したいところ。

Pauperにおける黒の生け贄エンジンといえば屍肉喰らい/Carrion Feeder血の座の吸血鬼/Bloodthrone Vampireが挙げられるが、強気な回収者は唯一アーティファクトも生け贄に捧げられる点が特徴。3マナと少しだけ重い点は気になるがアーティファクト・土地を採用すればマナフラッドをケアできる、胆液の水源/Ichor Wellspring等を組み込める利点がある。

リミテッドではとりあえず頭数にはなるものの、単独では活躍させにくい。できれば相性のいい紛争持ちや第九橋の巡回員/Ninth Bridge Patrolなどと組ませてやりたい。世話/Wrangleで奪ったクリーチャーを生け贄に捧げる、作業場の助手/Workshop Assistant2枚をぐるぐる使いまわすといったプチコンボコモンだけで成立するので覚えておこう。先述の活性機構は勿論の事、ピアの革命/Pia's Revolution屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger屑鉄さらい/Scrap Trawlerなどがあればより一層の活躍が見込めるので、これらを軸にするなら併せてピックしておきたい。

「お前のようなものに負けるなら、あの衝突に生き残らなかっただろう。」

[編集] 参考

QR Code.gif