地表形成師/World Shaper

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

World Shaper / 地表形成師 (3)(緑)
クリーチャー — マーフォーク(Merfolk) シャーマン(Shaman)

地表形成師が攻撃するたび、あなたはあなたのライブラリーの一番上からカードを3枚あなたの墓地に置いてもよい。
地表形成師が死亡したとき、あなたの墓地から土地カードをすべてタップ状態で戦場に出す。

3/3

攻撃するたびに自身のライブラリー削り死亡時に見事な再生/Splendid Reclamation誘発する、マーフォークシャーマン

墓地肥やしと再利用が自己完結しており、墓地利用に特化したデッキでなくとも十全に働いてくれる。土地が増えるタイミングが後回しになるのでマナ加速としてはやや不安定だが、除去されてもアドバンテージを取れる可能性があるのは悪くない。

見事な再生/Splendid Reclamationと同様、あらかじめ墓地に土地を複数落としておけば豪快なマナ加速になるほか、自身を生け贄に捧げる土地全般と相性が良い。即座に効果を発揮しないためコンボを狙うのは難しくなっているものの、クリーチャーとして盤面に関われることや、再利用しやすくなっている点で差別化したい。

登場時点のスタンダード砂漠をはじめとする生け贄に捧げる能力を持った基本でない土地が豊富に存在するので、それらと組み合わせることがまず考えられる。王神の贈り物/God-Pharaoh's Gift副陽の接近/Approach of the Second Sunなど、ライブラリーを削ることに価値があるカードとのシナジーも検討できる。

あまり類を見ない性能ではあるが、4マナ3/3というマナレシオの低さがどうにもネック。死亡時のアドバンテージが保険になるとはいっても、クリーチャー生存率が低い構築では、場持ちが良いわけでもないこともあって攻撃に回れるチャンスはあまり多くない。積極的にシナジーを狙いにくいリミテッドでは金色の歩哨/Gilded_Sentinelとさしたる違いがなく、レアとしては物足りないところ。

[編集] 参考

QR Code.gif