万猛竜/Polyraptor

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Polyraptor / 万猛竜 (6)(緑)(緑)
クリーチャー — 恐竜(Dinosaur)

激昂 ― 万猛竜にダメージが与えられるたび、万猛竜のコピーであるトークンを1体生成する。

5/5

激昂で自身のコピートークン生成する恐竜

コピーもこの激昂能力を持つため、ダメージでの除去は事実上不可能、下手なブロックも5/5を増殖させるだけで逆効果になる。ただし5/6以上のクリーチャーを突破できないこともあり、単体でフィニッシャーとするには頼りない。

構築でこのカードを運用するなら、積極的に恐竜にダメージを与えていく専用デッキを組むのが良いだろう。特に帝国の先駆け/Forerunner of the Empireとの相性は最高で、このカードをサーチできるのみならず全体火力により激昂の誘発が狙える。その結果は下記参照。

確定除去が少なくコンバット・トリック頼りになるリミテッドでは勝負を決定付ける爆弾レア。8マナはかなり重いが、同セット暴走の騎士/Knight of the Stampede等を駆使すれば間に合わないこともない。

[編集] 考察

帝国の先駆け/Forerunner of the Empireがn体戦場に出ているときに万猛竜を1体だけ戦場に出した場合、「全体に何点のダメージを与えるか」「何体のクリーチャーが残るか」「(帝国の先駆けを含めて)何体のクリーチャーが死亡するか」を考察する。

  1. 帝国の先駆けを生き残らせる場合(共通)
    • 「全体に2点のダメージ」「万猛竜1体+コピー3体+帝国の先駆けn体」
  2. 帝国の先駆け1体のとき
    • 「全体に4点のダメージ」「万猛竜1体+コピー15体」「1体死亡」
  3. 帝国の先駆け2体のとき
    • 「全体に8点のダメージ」「コピー236体」「10体死亡」
  4. 帝国の先駆け3体のとき
    • 「全体に12点のダメージ」「コピー3525体」「127体死亡」
  5. 帝国の先駆け4体のとき
    • 「全体に16点のダメージ」「コピー52656体」「1860体死亡」

帝国の先駆けが戦場に残っている間にその能力が合計で何回誘発するか(全体に何点のダメージを与えるか)を求め、その数だけ2の累乗することでおおよそ見当がつくように見える。実際には解決を進めている間に万猛竜とコピーが大量に死亡してしまうため、途中でその分を差し引かねばならないことに注意が必要である。2の累乗の計算で求められるのは、万猛竜とコピーが破壊不能を持つなどして死亡しなかった場合の結果である。なお、万猛竜だけでなく帝国の先駆けも破壊不能を持っていた場合は当然無限トークンになる。

万猛竜が一度に複数体戦場に出たり、あらかじめ万猛竜を複数体コントロールしていた場合はより爆発的に数が膨れ上がる。

[編集] 参考

QR Code.gif