ヴィリジアンの社交家/Viridian Joiner

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Viridian Joiner / ヴィリジアンの社交家 (2)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) ドルイド(Druid)

(T):あなたのマナ・プールに、ヴィリジアンの社交家のパワーに等しい量の(緑)を加える。

1/2

ミラディンの、パワーの値分の何かをもたらすタップ能力を持つクリーチャーはパワーに等しい点数分の緑マナを出す。

パワーを参照する他の2枚と比べると素での性能が寂しく、パワーを上げることが前提のクリーチャーと言える。パワーを上げる手間を考えると、ランプ系のデッキよりコンボ向けのカードである。例えばパワーが5以上の状態で威圧の杖/Staff of Dominationと組み合わせると無限マナを生み出し、威圧の杖の能力無限ライフ無限ドローが可能になるし、暗黒のマントル/Umbral Mantleつければ、1回アンタップすることでパワーが3になりタップして出したマナで再びアンタップできるため、無限強化と無限マナが同時に成立する。

リミテッドではマナマイアがある環境なので利用価値は薄い。ただし威圧の杖を運よく引いたのであれば、上記のコンボを狙って投入する価値はある。

[編集] 関連カード

[編集] 参考

QR Code.gif