レッドキャップの乱闘/Redcap Melee

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Redcap Melee / レッドキャップの乱闘 (赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を対象とする。レッドキャップの乱闘はそれに4点のダメージを与える。これにより赤でないパーマネントにダメージが与えられたなら、あなたは土地1つを生け贄に捧げる。


の同色対策カード。対クリーチャー/プレインズウォーカー火力呪文

1マナと最軽量ながら4点ものダメージ与えることができ、コストパフォーマンスはすこぶるよい。プレインズウォーカーにも撃ち込めるためコントロールデッキ相手にも完全には腐らず、色対策が刺さらない相手にも使える汎用性の高さが評価できる。とはいえ、対象が赤でなかった場合土地生け贄に捧げるというリスクは大きく、その場を凌げてもマナ基盤が崩壊して立て直しが困難になりずるずると負けてしまうことも十分に考えられる。有利な盤面で撃つ分にはリスクは小さくなるので使いどころを誤らないようにしたい。

登場時点のスタンダードでは朱地洞の族長、トーブラン/Torbran, Thane of Red Fellフェイに呪われた王、コルヴォルド/Korvold, Fae-Cursed King等を討ち取るためのサイドボード候補となった。その後も軍団のまとめ役、ウィノータ/Winota, Joiner of Forces黄金架のドラゴン/Goldspan Dragonなど強力なクリーチャーに対抗する手段として存在感を示している。

リミテッドにおいては貴重な除去。対戦相手デッキカラーによっては土地を失ってしまうとはいえ、獰猛な魔女跡追い/Fierce Witchstalker尊きグリフィン/Prized Griffin等の強力なクリーチャーやプレインズウォーカーを狙い撃てるのは非常に魅力。基本的にはサイドカードだが、土地をあまり必要としないアグロデッキを組むならメインからの採用も検討できる。

  • 色を参照するのは、呪文の解決時である。対応して対象の色を赤以外に変えられると土地を生け贄に捧げることになる。
  • 土地を生け贄に捧げるのは追加コストではなく、呪文の効果の一部。打ち消された場合は勿論のこと、ダメージが軽減され0点になった場合も土地を生け贄に捧げる必要はない。また解決前に自身の土地が0枚になっていても、問題なくダメージは与えられる。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

エルドレインの王権の、自身と同じに対する色対策カードサイクル稀少度アンコモン

[編集] 参考

QR Code.gif