ホムンクルス

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ホムンクルス/Homunculusは、クリーチャー・タイプの1つ。


Sneaky Homunculus / こそこそするホムンクルス (1)(青)
クリーチャー — ホムンクルス(Homunculus) イリュージョン(Illusion)

こそこそするホムンクルスはパワーが2以上のクリーチャーをブロックできず、パワーが2以上のクリーチャーによってはブロックされない。

1/1


Court Homunculus / 宮廷のホムンクルス (白)
アーティファクト クリーチャー — ホムンクルス(Homunculus)

宮廷のホムンクルスは、あなたが他にアーティファクトをコントロールしているかぎり+1/+1の修整を受ける。

1/1


Fblthp, the Lost / 迷い子、フブルスプ (1)(青)
伝説のクリーチャー — ホムンクルス(Homunculus)

迷い子、フブルスプが戦場に出たとき、カードを1枚引く。これがあなたのライブラリーから戦場に出たか、あなたのライブラリーから唱えられていたなら、代わりにカードを2枚引く。
迷い子、フブルスプが呪文の対象になったとき、迷い子、フブルスプをオーナーのライブラリーに加えて切り直す。

1/1

初出は未来予知結ばれた奪い取り/Bonded Fetch。後にイリュージョンだったこそこそするホムンクルス/Sneaky Homunculusかすんだホムンクルス/Hazy Homunculusクリーチャー・タイプ大再編で仲間になり、さらにコンフラックスで新たに宮廷のホムンクルス/Court Homunculusが加わった。以降も少しずつ数を増やしている。

緑青無色に存在し、ほとんどが小型クリーチャーである。マスクス・ブロックのホムンクルスはいずれも回避能力持ちだが、以降のホムンクルスは特に共通した能力を持たない。

ホムンクルス・トークン生成するカードとしては、くぐつの妖術師/Puppet Conjurer縫い師の見習い/Stitcher's Apprenticeが存在する。また、銀枠カードのどっちの手にクローン機/Handy Dandy Clone Machineも存在する。

伝説のホムンクルスは知恵の目、ゼンドスプルト/Zndrsplt, Eye of Wisdom迷い子、フブルスプ/Fblthp, the Lostの2枚。

[編集] ストーリー

ホムンクルスとは錬金術によって生み出された人工生命体のことである。ゲーテのファウストなどを始めとして、錬金術をテーマにした創作物ではほとんどの場合登場するメジャーな存在である。

マジック:ザ・ギャザリングにおけるホムンクルスは、ドミナリア/Dominariaをはじめ多くの次元/Planeではその多くが人間の膝丈ほどの身長で大きな単眼という外見的特長を持っている。使い魔のようにウィザードに使役されていることが多い。アラーラ/Alaraエスパー/Esper断片/Shardでは、エーテリウム/Etheriumにより補強された人工生命体として登場し、青白い肌をした人間の幼児のような姿をしている。他の次元と同じく、ウィザードや特権階級の召使いとして使役される。ケイレム/Kylemにおいては使役されるものではなく、人間エルフ等と同列の主要種族として登場。高度な知性を持ち、手話による意志疎通が行える。

フレイバー・テキスト背景ストーリーに登場する名付きのホムンクルスには、ゲラルフ/Geralfの助手であるオグロール/Oglorアゾリウス評議会/The Azorius Senateに仕えるフブルスプ/Fblthpなどがいる。

  • ホムンクルスは外気に触れると死ぬためフラスコの中でしか生きられないとされることが多いが、これは創作物により扱いの違いが見られる。マジックにおけるホムンクルスは外気に触れても平気なのは間違いないだろう。もっとも、フラスコの外に出たら死ぬようではクリーチャーとして使い物にならないだろうから当然と言えば当然だろうか。
    • 培養槽の外では生きられない脆弱な人工生命体という点では、マジック世界に存在するクリーチャー・タイプだと細菌が上記のホムンクルスのイメージに近い。

[編集] 参考

QR Code.gif