潜伏

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
潜伏/Skulk
種別 常在型能力
登場セット イニストラードを覆う影ブロック
CR CR:702.117

潜伏(せんぷく)/Skulkは、イニストラードを覆う影で制定されたキーワード能力ブロック・クリーチャー指定ステップで意味を持つ常在型能力である。


Furtive Homunculus / 隠れるホムンクルス (1)(青)
クリーチャー — ホムンクルス(Homunculus)

潜伏(このクリーチャーは、これより大きなパワーを持つクリーチャーによってはブロックされない。)

2/1

[編集] 定義

潜伏/Skulk回避能力である。

潜伏を持つクリーチャーは、それより大きなパワーを持つクリーチャーによってはブロックされない。

[編集] 解説

隠れてこっそりと忍び寄る様子をイメージした回避能力。イニストラードを覆う影ブロックではに割り当てられている。

[編集] ルール

  • ブロック・クリーチャーの指定が終わった後に双方のパワーが変化しても、ブロックの結果が変わることはない。
  • パワーの値が0以下である場合、その実際の値を用いてブロックできるかどうかが決まる。例えば、パワーが-2のクリーチャーは、パワーが-1以上のクリーチャーによってはブロックされない。

[編集] 開発秘話

回避能力を持つクリーチャーと装備品オーラの組み合わせは、しばしば一方的なゲームを生み出す。この能力は元々、「回避能力とパワー強化コンボを防ぐ方法」のブレインストーミング中に発案されたものであった。

イニストラードを覆う影では、当初「狂気カウンター/Insanity Counter」の導入が検討されていた。これはプレイヤーが得るカウンターであり、ダメージを受けたプレイヤーは自分が持つ狂気カウンターの数だけライブラリー墓地に置くことになる。このメカニズムが存在する環境では、高い戦闘ダメージを1回与えるよりも低い戦闘ダメージを何度も与える方が効果的であるため、デザイン・チームは潜伏を採用することにした。後に狂気カウンターのアイディアは廃止されたが、潜伏は上記の通り「パワー強化との組み合わせが大きな脅威になりすぎない回避能力」として有用であったため、そのまま残されることになった(参考/翻訳)。

また、この能力は常磐木候補の一つとしてデザインされていた。だが実際に使ってみた結果「デザイン空間が小さい」「複雑で把握しにくい」という問題があると分かり、常盤木にはならなかった。(参考/翻訳

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif