ネル・トース族のメーレン/Meren of Clan Nel Toth

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Meren of Clan Nel Toth / ネル・トース族のメーレン (2)(黒)(緑)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) シャーマン(Shaman)

あなたがコントロールする他のクリーチャーが1体死亡するたび、あなたは経験(experience)カウンターを1個得る。
あなたの終了ステップの開始時に、あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とする。そのカードの点数で見たマナ・コストがあなたが持つ経験カウンターの総数以下であるなら、それを戦場に戻す。そうでないなら、それをあなたの手札に加える。

3/4

自分終了ステップごとに、経験カウンターの数に応じて墓地クリーチャーカード死者再生/Raise Deadゾンビ化/Zombifyする伝説のクリーチャー

墓地さえ潤沢ならば、マナなどのコストを一切必要とせず毎ターン確実にアドバンテージを得られるため、アドバンテージ源として優秀な1枚。速やかに多くの経験カウンターを稼ぎ、より高い点数で見たマナ・コストを持つ(=性能の高い)クリーチャーをリアニメイトしても良し、例えばクローサの大牙獣/Krosan Tuskerなどのような手札戻したいクリーチャーと併用しても良し。デッキタイプを問わず、クリーチャーを利用するあらゆるデッキで有効に働くシステムクリーチャーと言える

経験カウンターを得られる条件は「あなたがコントロールする他のクリーチャーの死亡」。対戦相手もクリーチャーデッキであれば、戦闘を重ねていく事で自然に貯まっていくだろう。また黒緑は自分のクリーチャーを生け贄に捧げる事でアドバンテージを得る効果を得意とするため、それを狙った構成のデッキで使用すれば、一度に大量に獲得する事も難しくない。錯乱した隠遁者/Deranged Hermitのようなトークンを引き連れて戦場に出るクリーチャーとは、自身のリアニメイト能力で使いまわせる点も含めて特に好相性。

また、サイクルの他の経験カウンターを利用する伝説のクリーチャーの補助役とする用途も考えられる。例えば4個貯めれば、イロアスの信奉者、カレムネ/Kalemne, Disciple of Iroasを7/7二段攻撃警戒の状態でリアニメイトできる。

レガシーでは、緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenithサーチ可能なアドバンテージ源として、Nic Fitに採用される場合がある。稲妻/Lightning Boltに耐えられるタフネスを持つ点が嬉しい。

  • 終了ステップの誘発型能力は、戦場または手札に戻さないことを選択できず、また対象にとったクリーチャーの点数で見たマナ・コスト以上の経験カウンターを持っているならば、必ず戦場に戻す必要がある。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

統率者2015の、経験カウンターを扱う神話レア対抗色2色の伝説のクリーチャーサイクル

[編集] ストーリー

メーレン/Merenアラーラ/Alaraに住む人間屍術師/Necromancer。女性。

詳細はメーレン/Merenを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif