チェイナーの苦悩/Chainer's Torment

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Chainer's Torment / チェイナーの苦悩 (3)(黒)
エンチャント — 英雄譚(Saga)

(この英雄譚(Saga)が出た際とあなたのドロー・ステップの後に、伝承(lore)カウンターを1個加える。IIIの後に、生け贄に捧げる。)
I,II ― チェイナーの苦悩は各対戦相手にそれぞれ2点のダメージを与え、あなたは2点のライフを得る。
III ― 黒のX/Xのナイトメア(Nightmare)・ホラー(Horror)・クリーチャー・トークンを1体生成する。Xは、あなたのライフ総量の端数を切り上げた半分に等しい。それはあなたにX点のダメージを与える。


陰謀団/The Cabalのピット・ファイターであり、カマール/Kamahlの相棒であったチェイナー/Chainerの狂気と苦悩を記した英雄譚

I,II-
吸魂/Syphon Soulに似たドレインの効果。ただし多人数戦であっても回復量は2点である。
III-
チェイナーの持つナイトメアを作り出す能力の再現。この手のカードに良く見られる「ライフを失う」効果や「ライフを支払う」わけではないので、ダメージ軽減を併用すればデメリットを帳消しに出来る。

累計で4ライフが増え最終的には半分(端数切り上げ)になるため、残り4ライフ以下からスタートするとライフ損失なし。残り5ライフ以上からスタートすると損失が出ることとなる。

未評価カードです
このカード「チェイナーの苦悩/Chainer's Torment」はまだカード個別の評価が行われていません。評価の執筆をして下さる方を求めています。
  • 評価を追加する前に、必ずMTG Wiki:利用者への呼びかけを熟読してください。
  • 「酷評のみ」、または「極端に短い文章だけ」や「見たままを書いただけ」の評価は禁止されています。
  • 各種用語(「クリーチャー」「除去」など(詳しくは用語集を参照))には[[]]でリンクを張ってください。自動では付きません。同じ語は貼らなくてもかまいません。
  • 評価を追加した後は、このテンプレートは削除しておいてください。

[編集] ストーリー

チェイナー/Chainerは召喚術と鎖使いの達人で、陰謀団/The Cabalの優秀な戦士であった。戦いの中でカマール/Kamahlの友人となるが、ミラーリ/Mirariを手に入れたことで狂気と苦悩に苛まれることとなり、友の剣によって最期を迎えたのだった。

[編集] カード名

2002年に発刊されたScott McGoughによる同名の小説「Chainer's Torment」が元となっている。[1]

[編集] 脚注

  1. 『ドミナリア』での話 その1(Making Magic 2018年4月16日)

[編集] 参考

QR Code.gif