選定された行進/Anointed Procession

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Anointed Procession / 選定された行進 (3)(白)
エンチャント

効果によりあなたのコントロール下でトークンが1つ以上生成されるなら、代わりにその効果はそれらのトークンをその2倍の数生成する。


になった似通った生命/Parallel Lives

以上にトークンの生産力に長けたにとって、倍加効果を得たのは実戦に与える影響が大きい。ただし、トークン生成手段には軽いものが多く、またマナ加速が無い白にとって、先置きすべきエンチャントに4マナを費やす必要があるというのは少々重たい構築においては序盤を凌ぎつつ、これを設置してからも継続的にトークンを生み出せるといった構成が求められる。

スタンダードでは、このカードを軸として、選定の司祭/Anointer Priestによるライフ・アドバンテージダメージレースを制しながら、ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar秘密の備蓄品/Hidden Stockpileなどの優秀なトークン製造機を加速させ、盤面を制圧するトークン・デッキが開発された。プロツアー「アモンケット」にてSamuel Blackが持ち込み話題となった「アブザン・トークン」[1]を端緒に、その後は緑を排した白黒型も登場している。同時収録された不朽メカニズムとの相性もさる事ながら、スレイベンの検査官/Thraben Inspector手掛かりトークンを増やせるというのも見逃せない点。

  • この効果が白にも拡張されたのは、白がトークン生成に関して数の面で最も優れた色であるため[2]。なお、トークン倍化の第1色は依然としてであり、白は第2色である[3]

[編集] ストーリー

アモンケット注目のストーリーの3枚目。野望の試練/The Trial of Ambition残酷な現実を目の当たりにしたギデオン・ジュラ/Gideon Juraは、バントゥの碑/Bontu's Monumentから多数の死体を運び出す選定された者/The Anointedを見て、この地の真実に気づく。選定された者とは、試練で命を落とした修練者/Initiateの骸だったのだ(イラスト[4]

「この地の神々は人々の間を歩き回るが、人々と共にあるわけではない。」
ギデオン・ジュラ
  • トークンを2倍にする効果は、死体から作られたミイラが他者の死体を運搬・不朽処理し、また新たなミイラを作ることをイメージしたものだろう。

[編集] 脚注

  1. プロツアー『アモンケット』 デッキリスト・マッチポイント18~20点(スタンダード)(プロツアー「アモンケット」イベントカバレージ 2017年5月14日)
  2. Amonkhet Talking, Part 1/『アモンケット』語り その1(Making Magic 2017年4月24日 Mark Rosewater著)
  3. Blogatog(Mark Rosewaterブログ)
  4. Brazen/鉄面皮(Magic Story 2017年5月3日 Michael Yichao著)

[編集] 参考

QR Code.gif