コー/Kor

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

コー/Korは、ラース/Rathゼンディカー/Zendikarに存在する種族。青灰色または白色の皮膚を持ち、顔は少し縦長の人型種族である。男性は顎にナマズのようなヒゲを生やしている。

目次

[編集] ラースのコー

シャーマンを指導者層とし、ラースの荒野で遊牧生活を営む。「隠遁者のように」引っ込み思案な性格の者が多く、氏族単位としてのまとまりには欠ける模様。双子に生まれた者たちは、ほぼ必ず槍騎兵となって氏族の防人となるようである。

氏族の前に「en」をつけるが、氏族を裏切った追放者たちは「il」と呼ばれ、蔑まれるのは他の氏族と同じ。

エラダムリー/Eladamri率いるエルフヴェク/Vec族とともに要塞/Strongholdへの反抗作戦を開始。主に斥候として活躍したようだ。

  • ラースに住むコーたちは、元々ゼンディカーから攫われてきた存在である(参考/翻訳)。

[編集] 次元の混乱における平行世界

異なる歴史を刻む平行世界では、エヴィンカー/Evincarとなったミリー/Mirriにより、モグ/Moggに代わる新たな奉仕種族とされる。直接の言及はないが、彼女が吸血鬼であり、イラストの雰囲気を見るにつけ、血を吸われて従属させられているものと思しい。

[編集] ゼンディカーのコー

放浪の民であり、空飛ぶ長魚であるMikunga(ミクンガ)を狩る。多くの者はその一生を聖地巡礼の旅の中で終える。単純な道具の扱いに長け、特に鉤縄の達人として知られる。鉤縄は「繋がり」を重要視する彼らの精神性を象徴するものでもある。

[編集] 参考

QR Code.gif