目覚めし深海、レクシャル/Wrexial, the Risen Deep

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Wrexial, the Risen Deep / 目覚めし深海、レクシャル (3)(青)(青)(黒)
伝説のクリーチャー — クラーケン(Kraken)

島渡り、沼渡り(このクリーチャーは、防御プレイヤーが島(Island)か沼(Swamp)をコントロールしているかぎりブロックされない。)
目覚めし深海、レクシャルがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーの墓地にあるインスタント・カード1枚かソーサリー・カード1枚を対象とする。あなたはそれを、そのマナ・コストを支払うことなくプレイしてもよい。このターン、そのカードが墓地に置かれる場合、代わりにそれを追放する。

5/8

WHISPERの日本語テキストは間違っています。「そのマナ・コストを支払うことなくプレイしてもよい。」は「そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。」と読み替えて下さい。

6種目にして初の伝説のクラーケン

渡り渡りという2つの回避能力を持つ上、なら広がりゆく海/Spreading Seasアンブロッカブルに仕立て上げやすく、攻撃を通し戦闘ダメージ与えやすいため、自身が持つ誘発型能力誘発させやすい。マナレシオも悪くないため色さえ合えばフィニッシャーの候補となり得るだろう。

誘発型能力は対戦相手墓地しか基本的に活用できないため相手次第な所もある能力だが、インスタントソーサリーもこのカードが出るような時期までに全く使わないデッキというのもそう無く、手札破壊を有する色である点も好都合。大抵の場合は強力なアドバンテージを築いてくれる。

タフネスが8と高いうえに黒いため、それなりの除去耐性があるのもありがたい。パワーも5と十分な値で、対戦相手の火力を拝借できれば実質のクロックも相当大きい。

  • 「レクシャル」の語感から日本では「セクシャル」に絡めて冗談にされることがあるが、これは英語圏でも同じようで公式記事Prerelease Unleashedですらレクシャルを統率者にした統率者戦(当時の呼称はEDH)では「Sexy Wrexy」と呼ばれてもいる。

[編集] ストーリー

目覚めし深海、レクシャル/Wrexial, the Risen Deepゼンディカー/Zendikarの深海に住む伝説のクラーケン。男性。上半身は人型に近く、左腕やあご、下半身にはイカやタコに似た吸盤を持つ触手が何本も生えている(イラスト)。船を握れるくらい超巨大な体を誇るケダモノで深海の王とされ、行使されるべきでない驚異的な魔術を手中に収めている。(→Sketches: Wrexial, the Risen Deep参照)

[編集] 参考

QR Code.gif