ケアヴェク/Kaervek

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

無慈悲なる者ケアヴェク/Kaervek the Mercilessミラージュビジョンズの登場人物。マンガラ/Mangara琥珀の牢/Amber Prisonに幽閉しジャムーラ/Jamuraa北西部に戦乱を巻き起こし、時のらせんカード化された。

目次

[編集] 人物

炎熱の島々/The Burning Isles出身の邪悪な魔術師。男性。

弱者に対して無慈悲で、非常に支配欲が強く、若いころから国を征服する野心を抱く。いつも威圧的にしゃべり、傲慢な口調になることも多い。また、ユーモアのセンスは皆無。和訳での一人称は「わし」。まるで血に飢えた野獣のような印象の人物(イラスト1イラスト2)。

生まれながら魔法の才能に恵まれた強力な魔術師で、の魔法を得意とする。強力な存在が居並ぶ炎熱の島々でなければ、支配者に足る実力は十分。また、戦略家・謀略家としての技量は確かなもの。ボガーダン/Bogardanアーボーグ/Urborg中の悪意持つスピリット(主に夜魔)や豹族と同盟を結んでいることで有名(ケアヴェクにとって豹族は御しやすい同盟者だという)。ジョルレイル/Jolraelと巧みに同盟を結んで勢力を増大させ、陰謀を巡らせるとジャムーラ北西地域で戦争を始める。テフェリー/Teferiに横槍を入れられるまでは、ザルファー/Zhalfirスークアタ/Suq'Ataフェメレフ/Femerefの三国を相手に終始優勢に戦いを展開した。

[編集] 経歴

[編集] ミラージュ

冷酷非道が処世術の全てといわれる、過酷な環境の炎熱の島々に生まれ、強力な魔術師へと成長する。アンデッドスピリット、夜魔、豹族からなる軍勢を率いるまでになるが、群雄割拠の炎熱の島々では支配者となる野望は叶わない。

ジャムーラで戦争を起こす2世紀ほど前、テフェリーが時間実験でごと姿を消した際、時間流の乱れを観測したケアヴェクは不毛な岩山となった島へ調査に訪れる。そこで同じく調査に来ていた2人の魔術師マンガラとジョルレイルと出会うが、誰も島の謎を解明できず、このままジャムーラに留まり島を監視することにする。

この新天地でも征服の野望に燃えるケアヴェクだが、彼に先んじてマンガラはジャムーラ三大国に和平協定を締結させ、強固な政治的基盤を築いてしまう。ライバルの成功を妬むケアヴェクは、平和を呼びかけるマンガラの本当の目的が各国の支配である、としか考えられない。そこでこの邪魔者を排除するため、一計を案じる。

まず、世捨て人暮らしのジョルレイルに接近し、マンガラに侵略の下心があると信じ込ませて味方につけると、密かにジャムーラ中にスピリットと獣からなる軍団を編成する。次に、ザルファーと隣国の国境問題やザルファー貴族間の争いに度々干渉を行って、次第に争いを激化させていき、流血沙汰へと発展させる。ザルファーに内戦の危機が迫り、これこそが待っていた好機と、十を越える数の邪悪なスピリットを国境へと差し向け、昔からの争いの炎を更に煽り立てる。こうした中、内戦を未然に防ごうと躍起になるマンガラが手一杯になったところへ「支援」を提供する旨の伝言を送り、ムウォンヴーリー・ジャングル/Mwonvuli Jungleに誘き出す。そこでジョルレイルと共に待ち伏せし、まんまとマンガラを琥珀の牢へと閉じ込める。琥珀の牢はジョルレイルの宮殿に保管されたが、他人を信用しないケアヴェクはジョルレイルにも内緒で牢に秘宝の護法印/Relic Wardをかけてセキュリティを強化する。

邪魔者マンガラが居なくなったこの時に至って、各地の配下や同盟者の活動を活発化させ、各国を恐怖と混乱に陥れる。不気味な事件が相次ぎ、三国は大評議会(great council)を設け、事件の報告会を開いて問題解決に向けた協力体制を結ぼうとする。この機会にケアヴェクはいよいよ姿を現し三国に降伏勧告を行う。しかし三国は勧告を受け入れず、本格的な戦争状態に突入する。

この開戦初期の数ヶ月に、農村はドラゴンの火に焼かれ、ウーザーク/Uuserekの路は斥候隊の全滅後に通行禁止となり、フェメレフのあまたの声の評議会/Council of Voices夜のスピリット/Spirit of the Nightに全滅させられる。今やケアヴェク軍は、ジョルレイルの配下も完全に支配下に置いた、スピリット、動物、オークゴブリン、猫族、ヴィーアシーノそしてドラゴンから構成される大軍団となっていた。

[編集] ビジョンズ

開戦から1年以上が経過、フェメレフは侵略され、スークアタは国境を閉ざした。ザルファー中心部へと歩を進めるケアヴェク軍は国境都市Ufunguo(アーファングォウ)を攻め落とし、更に都市テフェムブルー/Tefemburuに進軍する。敵将ジャバーリー/Jabari率いる防衛軍は手強いものの陥落は時間の問題。そして来る日の夕刻、ついにテフェムブルーの市壁内に突入成功、しかし奇妙なことに街には人の気配が感じられない。とその時、都市はケアヴェク軍諸共に爆発で吹き飛ばされた。

これからの征服計画に備えて、1週間の遠隔地探査の占術を行っていたケアヴェクは、自軍兵士の末期の叫びの精神波によって目覚める。ケアヴェクは困惑し、残っている力で援軍を招集して軍を立て直す。テフェムブルーの住民が爆発から無事に脱出したことを知るも、どうやってその様なことができたのか解らない。そこでジャムーラを魔法探査すると、プレインズウォーカー・テフェリーの干渉に気付く。

報復を決意したケアヴェクは、ムウォンヴーリーの護りをプーラージ/Purrajと下僕共に任せ、自ら大艦隊を率いてテフェリーの島を攻める。だが、テフェリーの攻撃で艦隊の大部分はあっという間に海底に沈められてしまう。この戦闘中、同伴してきたジョルレイルが離反、ケアヴェクはこの裏切り者との白熱した秘術合戦で重傷を負う。ケアヴェクの船も巨大な波に呑まれ沈没する。

生き残ったケアヴェクは岸に辿り着き、程近くにあるウーザークの沼地の豊富なマナを利用して再起を図ろうとする。だがその地に隠されたアクー/Akuの浮遊都市と遭遇、続けて琥珀の牢から解放されたマンガラの奇襲を受ける。この対決では、周囲を黒マナの豊かなに囲まれ有利な状況で戦うが、マンガラだけでなくアクーの魔道士たちも敵となってジンをけしかけてくる。そこでジンのコントロールを奪取して、自分の手先と変えて反撃する。ところがこのジンは敵に力を与える特性を持っているため、逆に劣勢に立たされる。最後には、マンガラの呼び出したエルフの放つ矢に体勢を崩した隙をつかれ、ケアヴェクは今度は反対にマンガラによって琥珀の牢に封印されてしまった。

主を失ったケアヴェク軍は崩壊。同盟者のヴィーアシーノ族も故郷へ軍を引いた。終戦後もケアヴェクの爪痕はジャムーラ北西三国に様々な影響を残している。

[編集] 時のらせん

時の裂け目からAR46世紀に再登場。同様に、仇敵マンガラ/Mangaraと裏切り者ジョルレイル/Jolraelの2人もこの未来に出現している。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

[編集] フレイバー・テキストに登場

[編集] イラストに登場

[編集] 登場作品・記事

[編集] 参考

QR Code.gif